e治験.com

トップページ > 治験・モニター・イベントを探す > 治験・モニター情報 > 【募集開始】歩行中に、足(太もも、ふくらはぎなど)やお尻の筋肉のしびれや痛みで歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになる症状の方を対象とした通院試験

治験・モニター情報

【募集開始】歩行中に、足(太もも、ふくらはぎなど)やお尻の筋肉のしびれや痛みで歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになる症状の方を対象とした通院試験
募集中 【募集コード】HC0020
性別 男女
年齢 50歳以上
タイプ 通院
実施場所 北海道、宮城県、群馬県、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、静岡県、石川県
参加期間 約8か月の間に18回程度通院 ※個人により異なります
参加基準

□以下の症状に心当たりがある方
 『歩行中に足(太もも、ふくらはぎなど)やお尻の筋肉のしびれや痛みで歩け
  なくなるが、少し休むとまた歩けるようになる』

 <例>バス停の1区間程度の距離を歩くのに何度も休まないと歩けない、
    立って動きながら家事をするとふくらはぎが痛くなる等。
    もしくは、
    閉塞性動脈硬化症の診断を受け、間歇性跛行の症状がある方

□プラセボ(見た目はお薬と同じで、有効成分の入っていないもの)を服用す
 る可能性についてご了承いただける方

□健康保険証をお持ちの方

参加いただけない基準

▼以下に該当される方はご協力いただけません。

□急性心筋梗塞や重症弁膜症などの合併により、運動を禁止されている方

□半年以内にバイパス手術やカテーテルなど足の血行再建術を実施した方

□半年以内に、一過性脳虚血発作、心筋梗塞、脳卒中など、脳血管または
 心疾患を発症した方

□悪性腫瘍の既往・合併がある方
 ※ただし、5年間に無治療で再発が認められない場合は参加可能です

□透析治療中の方

募集期間 募集中 ※定員に達し次第、募集終了となります
負担軽減費 既定の負担軽減費が支払われます。詳細はお電話でご案内します。
応募方法

<すでに会員の方>
以下の応募フォームより必要事項を入力の上、ご応募ください。
後日、こちらからお電話をいたします。
間歇性跛行試験応募フォーム


<会員登録がお済みではない方>
まずは以下の会員登録フォームよりご登録いただき、「参加を希望する治験」で本件をご選択下さい。後日、こちらからお電話をいたします。
治験ボランティア helC(ヘルシー)会員登録フォーム


不明点等ございましたら、下記フリーダイヤルへお電話ください。
0120-107-709 受付時間:9時~17時(土日祝日を除く)

備考

<基準について>
・上記以外にも基準がございますので、電話でも確認させて頂きます。
・参加基準に合致しない場合、募集定員に達した場合は、ご参加いただけな
 いことがございますので、あらかじめご了承ください。

関連ワード:関連項目はございません

募集中の治験・モニター情報一覧

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ