e治験.com

トップページ > 病気事典 > 皮膚科・アレルギー科 > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

気になる病気の症状・原因・予防

アトピー性皮膚炎は、湿疹や皮膚のかゆみ、赤み、乾燥などが現れる病気です。
発症・悪化の要因として、食物やダニ、ハウスダストなどのアレルギーのほか、
生活習慣やストレスなどが考えられます。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、「湿疹ができる」「皮膚がかゆくなる」「皮膚が赤みを帯びる」などの症状が現れる皮膚の病気です。激しいかゆみに耐えられずに患部をかき続けることで、症状がさらに悪化することもあります。
また、あまりのかゆさに夜寝られなくなることもあります。アトピー性皮膚炎に悩む人のなかには、皮膚の変化に多大なストレスを感じている方も少なくありません。日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎を下記のように定義しています。

アトピー性皮膚炎の定義(概念)

アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。
(注)寛解(かんかい)=永続的・一時的を問わず、臨床的に症状や検査成績が好転または消失する状態のことを言います。

また、ここで言う「アトピー素因」とは、以下の1または2のようなものを指します。

  1. 家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)
  2. IgE抗体を産生し易い素因

1.に関しては、「自分自身、もしくは家族の方で、上記のようなアレルギー性の病気にかかったことがあるかどうか」ということです。
2.もやはりアレルギーを起こしやすい体質であることを意味します。このようなアトピー素因を持つ人はアトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」より

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状の代表的なものは、皮膚にできる湿疹とかゆみです。
また、症状が年齢によってそれぞれ異なるという特徴があります。

アトピー性皮膚炎における年齢別の症状

乳児期
  • 数ヶ月にわたって顔や頭に赤いブツブツ
  • 黄色い発疹が出る
幼児・小児期
  • 皮膚が乾燥し、ザラザラになる
  • 手足の間接の内側にアセモのようなブツブツや発疹が出る
  • 耳のふちや耳たぶがひび割れる(耳切れ)
  • とびひや水イボなどの合併症を起こしやすい
青年期・成人期
  • 皮膚がさらに乾燥する
  • 腕や脚の外側に痒疹(ようしん)というしこりができる
  • 顔に赤みが出る(赤ら顔)

湿疹
湿疹が慢性的に続いて治りにくいこともアトピー性皮膚炎の一つの特徴です。
かゆみ
アトピー性皮膚炎の患者さんは、かゆみのため皮膚をかいてしまいがちです。しかし、アトピーの皮膚はかくことによって病状が悪化してしまいます。
それでは、なぜアトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚をかいてしまうのでしょうか。その理由は、アトピーの皮膚のしくみにあります。

健康な皮膚とアトピー性皮膚炎の皮膚との違い

健康な皮膚
  • 水分を充分に含み、外界からの刺激にも強い
アトピーの皮膚
(=ドライスキン)
  • 角質層の水分が不足しており、皮膚が乾燥しやすい
  • 皮膚の防御機能(バリア機能)が低下し、外界からの異物の侵入に弱い
  • 通常ならはねかえせるはずのアレルゲンや細菌などの侵入を許し、炎症を起こす
  • その結果、かゆみを生じる

アトピーの皮膚(ドライスキン)では、皮膚が乾燥→アレルゲンが侵入→皮膚にかゆみを感じてかく→炎症がひどくなる→角質の水分がさらに失われ乾燥する→……というかゆみを生じる悪循環に陥ってしまい、病状を悪化させてしまうのです。

健康な皮膚とアトピーの皮膚(ドライスキン)の対比

健康な皮膚とアトピーの皮膚(ドライスキン)の対比

ページのトップへ

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因としては、食物・ダニ・ハウスダストなどのアレルギーのほかに、生活習慣・ストレスなど、多くの要素があげられていますが、正確な原因はいまだに特定されていません。

アレルギー
体の中に異物が侵入すると、抗体という物質が作られ、再度同様の異物が侵入してきたときに異物を敵と見なして攻撃する、いわゆる免疫という機能が働きます。しかし、ある特定の物質に対して過剰に免疫反応を起こすと、体のほうにも様々な不都合な現象を起こします。これがいわゆるアレルギー反応です。 また、このアレルギーを起こす特定の原因物質のことをアレルゲンと言います。
抗体の一つであるIgE抗体は、特にアレルゲンに対して作られる抗体です。IgE抗体は、アレルゲンに反応するとかゆみのもとになる物質を出し、皮膚炎の症状を起こします。
ストレス
アトピー性皮膚炎が精神的なストレスと関係している場合があります。家庭や学校、職場などでの人間関係、試験や仕事での悩みなどによって、突然アトピー性皮膚炎の症状が悪化したりします。
また、アトピー性皮膚炎であること自体が精神的なストレスになり、そのストレスがアトピー性皮膚炎を悪化させるという悪循環に陥るケースもあります。

ページのトップへ

アトピー性皮膚炎の検査と診断

アトピー性皮膚炎の診断

日本皮膚科学会は、以下の3つの項目をアトピー性皮膚炎の診断の基準としています。

アトピー性皮膚炎の診断基準

  1. そう痒
  2. 特徴的皮疹と分布
  3. 慢性・反復性経過

日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」より

1. の「そう痒」とはかゆみのことです。
2. の「皮疹」とは皮膚にできた発疹のことをあらわします。
3. の「慢性・反復性経過」については、以下のように定義されています。
慢性  :乳児では2ヶ月以上、乳児以外では6ヶ月以上症状が続くこと
反復性:皮膚に古い発疹と新しい発疹が混在していること(=病状が反復している)

実際の診断では、上記の3項目を満たすものをアトピー性皮膚炎としています。

ページのトップへ

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療

薬物療法

外用薬

アトピー性皮膚炎の治療には、外用薬が主に使用されます。
外用薬の代表的なものとしては、ステロイド(副腎皮質ホルモン)があげられます。ステロイドは、副腎皮質ホルモンというもともと人間の体内にあるホルモンを化学的に合成したもので、過剰な免疫反応を抑えてくれます。副作用もありますが、すぐれた抗炎症作用を持つ薬です。「ステロイドは怖い」というイメージが一部にありますが、医師の指示に従って正しい使い方をすれば危険性は低いと言えます。ステロイド外用薬には、5段階の強さのランクがあり、それらを皮膚科専門医師が、患者さんの状況に応じて上手に使い分ければ効果的な治療が期待できます。

内服薬

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う病気です。かゆい→かく→もっとかゆくなる→さらにかく……という悪循環に陥り、病状が悪化することが多々あります。この悪循環を断ち切るために、内服薬を用いることがあります。

  • 抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤 : かゆみ止めの内服薬
  • 睡眠導入剤 : 夜かゆくて寝られない(夜中に体をかきむしってしまう)場合に用いる

他の内服薬としては、漢方薬が補助的に用いられることもあります。漢方薬は一般的には副作用がないように思われがちですが、実際には副作用もあるので、漢方医学を充分にマスターした医師によって処方されるべき薬です。

生活習慣の改善

アトピー性皮膚炎は、生活習慣と密接な関わりのある病気です。生活習慣や生活環境を見直すことで、アトピー性皮膚炎が劇的に改善することがあります。
ここでいくつかの例をあげてみましょう。

生活習慣の改善

  • 定期的にお風呂やシャワーに入ることにより、皮膚を清潔に保つ。
  • こまめに掃除することで部屋を清潔に保つ。
  • 適温・適湿の環境を作る。
  • 規則正しい生活を送り、暴飲・暴食はさける。
  • バランスのとれた食事を心がける。
  • 皮膚への刺激が少ない衣服を着用する。
  • 爪を短く切ることで、皮膚をかくことによるダメージを小さくする。

食事療法

食物に対するアレルギーも、アトピー性皮膚炎の原因の一つと考えられます。自らのアレルゲンである食物(卵・牛乳・大豆など)を避け、アレルギー反応が起こることを未然に防いで、アトピー性皮膚炎が活発化することを抑えます。

カウンセリング

カウンセリング

精神的ストレスもアトピー性皮膚炎を悪化させる一因です。こうした心の問題を解決するためには、診察やカウンセリングを通じて、担当の医師とストレスや悩みなどについて話し合える関係を築くことも大切です。医師との間に信頼関係が生まれれば、体質的な面と精神的な面の両方から治療を進められるので、よりスムーズな治療が期待できます。


※治療に当たっては、必ず専門医(皮膚科)にご相談ください。

ページのトップへ

アトピー性皮膚炎の治験情報



治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ