e治験.com

トップページ > 病気事典 > 泌尿器科・肛門科 > 尿失禁

尿失禁

気になる病気の症状・原因・予防

自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう尿失禁は、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性(いつりゅうせい)尿失禁、機能性尿失禁に分類されます。それぞれのタイプに応じた治療が行われます。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

尿失禁の症状

尿失禁とは

正常の排尿機能は、特に努力せずとも無意識の状態で尿を膀胱に保持(蓄尿)し、尿意を覚えた時、または尿意を覚えなくとも意識的に尿を排出(排尿)することができます。
尿失禁とは、これらの機能が損なわれた状態(自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう)を指し、加えてこれにより社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。

ページのトップへ

尿失禁の原因

尿失禁の分類

尿失禁は大きく分けると、次の4つに分類されます。
(1)腹圧性尿失禁  (2)切迫性尿失禁  (3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁  (4)機能性尿失禁

1)腹圧性尿失禁

クシャミなどによる生理的な反射や階段の昇り降りなどの動作がきっかけとなり、お腹に圧力が加わったときに起きる尿失禁を腹圧性尿失禁といいます。『尿失禁診療ガイドライン』によると、健康な女性の10~46%が尿失禁に悩まされているようです。
それでは、なぜ女性に多いのか?・・・答えは女性特有の体の構造にあります。

腹圧性尿失禁

尿道が短く、かつ前立腺がないため、括約筋が弱い
男性の尿道は約25cmなのに対し、女性は約4cmしかなく、尿道を閉める前立腺がありません。さらに、尿道を閉める役割をもつ括約筋がもともと弱いのです。
泌尿器をささえている筋肉が弱い
女性には骨盤底筋群といって泌尿器をはじめ、膣や子宮、直腸などをハンモック状に吊り上げている大切な筋肉があります。女性の陰部は、尿道口や膣口も含めて男性のそれと比べると「開く」構造になっているため、どうしても筋肉をひき締める力は弱くなってしまいます。
そして、いったん筋肉が緩むと、膀胱や尿道は、お尻のほうへ下がりぎみになります。その結果、尿道の閉まりが悪くなり、尿がもれやすくなります。
骨盤底筋群は、特にお産や肥満によって、また、歳をとるにつれて緩む傾向があります。
膣と子宮の存在
子宮は膀胱にのしかかるように、膣は尿道に寄り沿うように位置しています。そのため、妊娠や婦人科で診てもらうような病気になると、膀胱や尿道が押され、尿失禁を起こす原因の一つになります。
便秘や冷え性
女性に多いこれらの症状も原因になることがあります。
段階 症状
第1段階

第1段階

(尿のもれは毎日はなく、もれぐあいもほとんど気にならないため、下着をかえる必要はない段階)
→最も多いケースで、続けてクシャミをしたり、ひどく咳きこんだりしたときに、はずみでもれてしまうケースです。下着はその瞬間ぬれてしまいますが、すぐかわいてしまう程度ですので、気に病んだり心配したりする必要はありません。
第2段階

第2段階

(尿のもれは毎日はないが、あると下着をかえる必要がある。あるいは下着をかえるほどの量はでないが、それでも毎日もれてしまう段階)
→荷物を持ち上げたとき、急に立ち上がったとき、階段を昇ったり降りたりしたとき、あるいは大笑いしたとき、また、クシャミも1回しただけでも、もれてしまうケースです。この段階になると不快感も伴いますので、病気として対処していく必要があります。
なお、 この段階なら体操(後述)や薬を飲むことで完治できます。
第3段階 (毎日、尿失禁があり一日に数回はもれてしまい、下着の交換が必要な段階)
→歩いたときなど、日常動作の中でも、もれてしまうケースです。この段階の治療としては、体操(後述)、薬の服用、用具などの使用、電気刺激療法、コラーゲンを入れる手術などがあります。
第4段階 イメージ(毎日5回以上、尿もれがあり、下着の交換はもちろんパッドやオムツが必要な段階)
→椅子に座っているときなど、身体を動かさずに安静にしているときでも、もれてしまうケースです。いろいろな種類の手術のうちから、切開手術までも含めて最も効果的な方法を選び、治療を進めていく必要があります。

2)切迫性尿失禁

切迫性尿失禁

前ぶれもなく尿がしたくなり、その高まりが急なため、トイレまで間に合わなくなって尿が出てしまう尿失禁のことです。切迫感が高いということで、切迫性尿失禁と呼んでいます。
尿の量は腹圧性尿失禁より多く、ときに大量に出ます。したくなると急に出てしまいますので、膀胱に少しでも尿がたまると、トイレに行くようになります。そのため、尿の回数が多くなる頻尿という症状が起きます。
男女を問わず高齢の方に多くみられます。

切迫性尿失禁の原因
原因 詳細
神経障害(脳や脊髄に関わるもの) 脳や脊髄などの神経回路がダメージを受けると、膀胱が脳の指示どおり動かなくなります。この場合は、年齢とはかかわりなく起こります。
  • 脳を中心とした病気:脳卒中、脳にできる腫瘍・外傷、認知症など
  • 脊髄を痛める病気:脊髄の損傷、頚椎症、変形性腰椎症、脊髄炎、脊髄の腫瘍、先天的に脊椎がわれている二分脊椎症など
  • 脳から脊髄にわたる神経変性疾患:多発性硬化症、パーキンソン病、シャイ・ドレーガー症候群など
不安定膀胱
  • 脳や脊髄にはこれといった神経障害がなく、その一方で、現実に強い尿意に迫られます。これを不安定膀胱といい、尿があまりたまっていなくても、意思とは関係なく膀胱が縮んで、もらしてしまいます。
  • 一番多いタイプの切迫性尿失禁ですが、不安定膀胱のメカニズムははっきりわかっていません。高齢になるにつれ尿をコントロールするシステム全体が不調になるからではないかと推定されています。
知覚神経過敏 膀胱や尿道などの泌尿器に炎症が起き、知覚神経が過敏になって、尿もれを起こします。女性に多いことが特徴です。
  • 泌尿器に炎症を起こす病気:膀胱炎、膀胱がん、膀胱結石、尿道結石など

3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

ダムの水が溢れるように、ぱんぱんにふくれた膀胱から尿が溢れるため、溢流性尿失禁と呼んでいます。
この溢流性尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害がかならず前提にあります。排尿障害とは、膀胱や尿道などの病気で、尿の流れが阻まれるものです。
排尿障害になる疾患は、男性の患者さんが多いことから(前立腺に関わるもの:男性のみ、尿道狭窄:女性はまれ)、溢流性尿失禁の患者さんは男性が多くなっています。

排尿障害になる疾患と原因
疾患 原因
前立腺肥大症 尿道の抵抗が増して、引き起こされます。
前立腺がん
尿道狭窄(にょうどうきょうさく)
糖 尿 病 膀胱の収縮不全により引き起こされます。

4)機能性尿失禁

排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因で起こる尿失禁です。身体運動機能の低下のためにトイレまで間に合わない、あるいは認知症のため尿を出してよい場所かどうかが判断できずしてしまう、といったケースです。
この尿失禁の治療においては、患者さんの生活環境の見直しを含めて、取り組んでいく必要があります。

ページのトップへ

尿失禁の検査と診断

尿失禁の診断と検査

尿失禁の診断と検査

尿失禁の診断では、患者さんが医師に対して、自分の症状をきちんと話せるかどうかが重要となります。  ポイントは、現在の尿もれの症状が、

  • いつ、どんなときに
  • どんなふうに
  • どれくらいの量が

ということを詳しく(正確に)伝えることです。

検査の方法

1)採尿検査

  • 性質や成分とともに、血球や細菌の有無を調べることで、泌尿器系のいくつかの病気がわかります。

2)超音波画像による測定

  • 尿をした後の膀胱内の残尿量を調べます。残尿量が多い場合、溢流性尿失禁が疑われます。
  • また、前立腺や腎臓の異常を調べるときにも使用します。

3)ウロダイナミクス検査法

尿流量測定
  • 尿が出始めてから、終わるまでの量の変化を測定します。この量の変化をグラフにして、その曲線のかたちで排尿障害の有無を調べます。
膀胱内圧測定
  • 直径5mmほどの内圧を計るための装置がついた管を尿道から膀胱へ入れて、水または生理食塩水を注ぎます。そして、尿のたまり始めから排尿に至るまでの膀胱の内圧の変化を測定し、収縮のパターンをみます。
  • 切迫性尿失禁の無抑制収縮の膀胱や、溢流性尿失禁や糖尿病などに多い収縮力が低下した膀胱であるかどうかがわかります。
リークポイント・プレッシャー測定
  • 膀胱に水をみたし、腹圧をかけて、尿がもれる瞬間の尿道の状態や、括約筋の働きを調べます。腹圧性尿失禁かどうかがわかります。
尿道括約筋・筋電図測定
  • 尿がたまり始めから排尿に至るまでの、尿道括約筋のパターンを筋電図にとって調べます。
  • 尿道括約筋の収縮不全が原因の腹圧性尿失禁かどうかがわかります。
プレッシャーフロー・スタディ
  • 尿流量測定と膀胱内圧測定を同時に行う検査です。
  • 排尿障害の原因をわりだすために実施します。

ページのトップへ

尿失禁の治療法

尿失禁の治療法

骨盤底筋体操

腹圧性尿失禁の第1~第3の段階で、絶大な効果を発揮します。早い人では1ヶ月くらいで、遅い人でも3ヶ月くらいではっきりと効果がでてきます。第1段階や第2段階であれば、この体操を続けるだけで多くの方(8割~9割)は症状が改善します。

目的 膣ないし肛門を「締める」「緩める」を繰り返すことにより、自分で意識しなくても、尿道や他の骨盤底筋群も一緒に締まり、下腹部-股間-肛門の一帯にひろがる筋肉を強くします。
方法 余分な力を抜いて、股間を身体の中へ吸い上げるような感じで膣と肛門を締め、5秒くらい締めたら次は緩めます。これを数分間(できれば10分くらい)続けて行います。締めるコツをマスターしたらいつでもどこでもできますので、就寝前、家事や仕事の合間に行うこともできます。

いすに座って

(いすに座って)
おなかに力が入らないように気をつけながら、ゆっくり肛門と膣を締め、次は緩めます。
あとは同様に締める・緩めるを繰り返します。

ひじ、ひざをついて

(ひじ、ひざをついて)
肛門と膣を締めたままゆっくり5つ数え、次は緩めます。
あとは同様に締める・緩めるを繰り返します。

机に手をついて

(机に手をついて)
足を肩幅に開き、全体重を腕にのせます。肩やおなかの力を抜いて、肛門と膣を締め、次は緩めます。
あとは同様に締める・緩めるを繰り返します。

仰向けになって

(仰向けになって)
体の力を抜き、肛門と膣を締め、締めたままゆっくり5つ数え、次は緩めます。
あとは同様に締める・緩めるを繰り返します。

薬物療法

尿失禁の薬は主に次の3つの種類があり、患者さんの症状に応じて治療(薬物療法)が行われます。

治療薬 薬剤名 対象 作用
抗コリン剤 塩酸オキシブチニン、塩酸プルピベリンなど

切迫性尿失禁

腹圧性尿失禁
膀胱が緩み尿量が増す働き
βアドレナリン受容体刺激薬 塩酸クレンブテロールなど 腹圧性尿失禁 尿道をひき締め、膀胱を緩める働き
αアドレナリン受容体刺激薬 塩酸ミドドリンなど 腹圧性尿失禁

電気刺激療法

切迫性尿失禁によく用いられ、腹圧性尿失禁にも半分くらいの人には効果があります。 骨盤の表面の膀胱のある部分の近くに片状の電極を貼り付け、電圧と周波数と時間を調整しながら一定のパルス波を送ります。一回につき20分から30分くらい行います。こうすると、骨盤底筋群の収縮が誘発され、骨盤底筋群をきたえる効果を生み出します。
また、この刺激により膀胱が過敏に収縮するのが抑えられ、それと同時に尿道の収縮がよくなることがありますが、そのメカニズムはまだよくわかっていません。

外科的療法

腹圧性尿失禁 MMK法
  • お腹を切って膀胱と尿道の部分を恥骨の裏側に縫い付けて、後ろに落ちないように固定する方法です。
膀胱頚部つりあげ術
  • 基本は「MMK法」と一緒ですが、あまりお腹を大きく切らずに実施するため、負担は少ない方法です。
  • この手術を実施すると、腹圧性尿失禁の患者さんの9割以上がよくなるため、最も広く行われています。
スリング法
  • 重症例や尿道括約筋自体の収縮不良による場合に行います。
  • シリコンチューブなどの非吸収性素材や、患者さん自身の腹直筋や大腿筋の筋膜をスリングとして用いて、ブランコのように膀胱頚部を支えることにより、腹圧がかかった時に膀胱頚部が締まるようにします。
コラーゲン注入法
  • コラーゲンを緩んだ尿道の括約筋のある部分に注入して、ここを狭めて強くする方法です。
  • この手術はきわめて簡単で、切開手術に比べると患者さんの負担はずっと少なく、準備をいれても30分以内に終わります。
    効果は「膀胱頚部つりあげ術」に比べるとやや低いですが、腹圧性尿失禁の患者さんのおよそ8~9割がよくなるため、大変優れた治療法といえます。
切迫性尿失禁 膀胱拡大術
  • 膀胱そのものを大きくつくり直す手術です。改善効果は得られますが、手術後に間欠導尿が必要になることや、体への影響などから、最終手段とされています。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

尿失禁の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ