e治験.com

トップページ > 病気事典 > 泌尿器科・肛門科 > 性感染症

性感染症

気になる病気の症状・原因・予防

若い世代で急増する性感染症。
性感染症は、性行為(または類似行為)によって感染する病気です。近年、性感染症の患者数はとくに10代~20代の間で急速に増加しています。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

性感染症の症状

性感染症とは

性感染症は、性行為または性交類似行為によって感染する病気で、別名STD(Sexually Transmitted Diseases = 性行為で感染する病気)とも呼ばれています。
性感染症の種類や症状は様々ですが、感染したという自覚症状がないものが多く、感染に気づかずに症状を進行させてしまったり、また知らぬ間にパートナーにうつしてしまったりということがあります。また、感染に気がついていても、性感染症に感染したことを恥ずかしいと感じて医療機関に行くのをためらってしまい、症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。
近年、性感染症の患者数が増加しているといわれています。とくに若い世代、なかでも10代~20代の若者の間で性感染症患者が急速に増加しています。
性感染症は、いまや誰でもなりうる一般的な病気となっています。

性感染症の分類と症状

性感染症は、その症状や原因などからいくつかのパターンに分類することができます。

性感染症の分類

病名 症状・特徴 原因 潜伏期間
(目安)
淋菌感染症
  • 女性の場合…感染に気づきにくく、症状を進行させてしまいがちである。感染初期は症状が軽いが、症状が進行すると黄色に変色した濃いおりものが出たり、尿に膿が出たりする。
  • 男性の場合…尿道にかゆみや痛みを感じる。性器から膿が出る。症状が進行すると尿道狭窄、精巣上体炎、不妊症などの原因となる。
  • 眼などの粘膜にもうつる場合がある。
淋菌(細菌) 2~9日
梅毒
  • 慢性の感染症で、何年もかけて進行する(第1期から第4期まで)。
  • 第1期…細菌が入った箇所がはれて、潰瘍や赤いしこりができる(感染3週間から3ヵ月まで)。
  • 第2期…全身にさまざまな皮膚症状が出る(感染3ヵ月から2年まで)。
  • 第3期…体調が良さそうに見えるが、皮膚、内臓、骨などに病気が進む(感染3年から10年まで)。
  • 第4期…心臓、血管、脳などの中枢神経に障害が出る(感染10年以上)。
  • 免疫ができず、何回でも感染する。
梅毒トレポネーマ(細菌) 3週間
性器ヘルペスウイルス感染症
  • 直径1~3mmほどの水泡(小さな水ぶくれ)ができ、かゆみや痛みをともなう。
  • 排尿困難や歩行困難になることもある。
  • 一度感染するとウイルスが体内に潜伏し、免疫力が低下すると再発しやすい。
単純ヘルペスウイルス1型・2型(ウイルス) 2~10日
性器クラミジア感染症
  • 女性の場合…感染に気づきにくく、症状を進行させてしまいがちである。排尿時の痛み、おりものの増加、生理痛のような痛みなどがあるが、感染初期は基本的には無症状。症状が進行すると尿道炎、卵管炎、不妊症などの原因となる。
  • 男性の場合…排尿時に違和感や痛みを覚えたり、性器から膿が出たりする。症状が進行すると尿道炎、精巣上体炎、不妊症などの原因となる。
  • もっとも多い性感染症で、特に若い女性の間での増加率が高い。
クラミジア・トラコマチス(細菌) 1~3週間
尖圭コンジローマ
  • 性器に小さくとがったイボができるが、かゆみや痛みはない。
  • イボが集まりカリフラワー状になる場合もある。
  • イボができない場合もある。
  • 放っておくとがん(陰茎がん・子宮頚がん)の原因となる。
ヒト乳頭腫ウイルス(ウイルス) 1~8ヶ月
トリコモナス症
  • 女性の場合…変色し、悪臭をともなうおりものが大量に出たり、かゆみや痛みを感じたり、性器が赤くただれたりする。
  • 男性の場合…感染しても排尿時の痛み程度であまり症状が出ないが、パートナーにうつす危険性がある。
  • 原虫が原因であるため、タオル、シーツ、衣類などからでも感染する。
トリコモナス原虫(原虫) 1~3週間
性器カンジダ症
  • 女性の場合…性器に強いかゆみを感じたり、おりものが白いチーズのようになったりする。
  • 男性の場合…症状は軽く、尿道炎やかゆみを感じる程度。
  • 抵抗力が低下すると再発する。
  • 性行為以外でも感染することがある。
カンジダ・アルビカンス(真菌) 一定せず、何年にもおよぶ場合もある
エイズ・HIV感染症(後天性免疫不全症候群)
  • 免疫力が低下し、強い疲労感、下痢、発熱、体重減少などのさまざまな症状があらわれる。
  • 進行すると、健康な状態であれば問題のない病原体(細菌、ウイルス、カビ等)に対しても抵抗ができなくなる。
  • いまのところ、完全な治療法は発見されていない。
HIV(Human Immunodeficiency Virus)=ヒト免疫不全ウイルス 数ヶ月~10数年
ケジラミ症
  • 強いかゆみを感じる。
  • 寄生虫が原因であるため、タオル、シーツ、衣類などからでも感染する。
ケジラミ(寄生虫) なし(すぐに発症する)

潜伏期間中や、発症後も自覚症状に乏しい病気(例えば女性のクラミジア感染や男性のトリコモナス症感染など)の場合、意図せずにパートナーに病気をうつしてしまうことがあります。
また、多くの性感染症は、感染するとHIV感染の可能性が高くなるので注意が必要です。

ページのトップへ

性感染症の原因

性感染症の原因

性感染症の原因としては、細菌、ウイルス、原虫などがあげられます。
性感染症の原因である細菌、ウイルス、原虫などが、性行為または性交類似行為の際に相手の粘膜や皮膚などに侵入することで感染が起こります。
性感染症の感染経路のうち、もっとも多いものは性行為または性交類似行為によるものですが、その他の感染経路としては血液による感染(輸血など)や母子感染(母親から胎児への血液を介する感染)などがあげられます。

性感染症の増加の原因としては、性の低年齢化、性の流動化、性行為の多様化、性の知識および性感染症の知識の不足、性風俗産業の発達などがあげられます。
なかでも、性の流動化は性感染症の患者数の増加に大きな影響を与えていると考えられます。もしもパートナーの過去のパートナーが性感染症患者だったら、もしくはパートナーの過去のパートナーの過去のパートナーが性感染症患者だったら……というように、パートナー間の性的ネットワークの中に一人でも性感染症患者が存在した場合、現在のパートナー間にも感染の危険性があるからです。
また、性の知識や性感染症の知識の不足も大きな問題です。性に関する知識や性感染症に関する知識が乏しいため、適切な予防策や対応策がとれないケースも多いようです。

ページのトップへ

性感染症の検査と診断

性感染症の検査と診断

性感染症の検査と診断は、病気によっても異なりますが、おもに尿、分泌物、おりものなどを採取しての検査、血液検査、感染部位の確認などによって行われます。検査はそれほど大変なものではなく、たとえば血液検査の場合、検査のために採取される血液は5~6cc程度ですみます。

検査の際は、個人のプライバシーは適切に守られます。最近では、匿名で検査を受診できるところもあります。ほとんどの性感染症は、専門的な検査によって診断ができ、適切な治療によって治すことができます。
また、検査の際はパートナーと一緒に受診することが大切です。これは、いわゆるピンポン感染(パートナー間で互いに病気をうつしあうこと)を防ぐためです。ピンポン感染を防ぎ、パートナー間で性感染症を完全に治療するためにも、検査はパートナーとともに受けましょう。
性感染症は放っておくと症状が進行していきます。もし、なんらかの兆候を発見したら、恥ずかしがらずに検査を受けるようにして、早期発見・早期治療を心がけましょう。

ページのトップへ

性感染症の治療法

性感染症の治療

性感染症の予防と治療には、コンドームの使用、定期的な検診、薬物療法などがあります。性感染症の治療においては、医師より完治を告げられるまで続けることが大切です。

定期的な健診

定期的に検診を受けることは、性感染症の予防と治療のどちらにも効果があります。さらに、前述のとおりパートナーと一緒に定期的な検診を受けることが重要です。

薬物療法

性感染症の治療に使用される薬には、飲み薬と塗り薬があります。 おもに使用されるのは飲み薬ですが、場合によっては塗り薬を使用することもあります。

飲み薬
薬の種類 効果のある病気名
抗生物質
  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • 梅毒
抗ウイルス剤
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
抗菌剤
  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • 性器カンジダ症
抗原虫剤
  • トリコモナス症
抗炎症剤
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
鎮痛剤
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
塗り薬
薬の種類 効果のある病気名
塗り薬(軟膏)
  • 尖圭コンジローマ
塗り薬(抗真菌剤入りクリーム)
  • 性器カンジダ症

性感染症の種類や状況によって、服用する飲み薬は異なります。飲み薬はかならず医師の指導のもとで服用してください。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

性感染症の予防

性感染症の予防

コンドームの使用

コンドームの使用

性感染症の予防に効果的なのは、性行為の際にコンドームを使用することです。コンドームを正しく使うことにより、性感染症の原因である細菌、ウイルス、原虫などを含んだ分泌物が粘膜に侵入するのを防ぐことができるからです。
もちろん、コンドームだけですべての性感染症を予防することはできませんが、コンドームの使用は、感染の危険性を大幅に低減することができます。


ページのトップへ

性感染症の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ