e治験.com

トップページ > 病気事典 > 婦人科 > 月経困難症

月経困難症

気になる病気の症状・原因・予防

月経の症状が、日常生活に支障が生じるほどの状態を月経困難症といいます。身体的な原因によらない機能性(原発性)月経困難症と、身体的な病気が原因の器質性(続発性)月経困難症に分類されます。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

月経困難症の症状

月経困難症とは

月経困難症とは、月経時の症状のうち、日常生活に支障が生じるほどのものをいいます。
月経時には、ほとんどの女性が程度の差こそあれ、不快な症状があるものですが、日常生活に支障が生じるほどのもの、治療が必要なほどのものを月経困難症といい、一般的な月経痛と区別をしています。
月経困難症の例としては、「月経痛がひどく、起き上がることができない」「月経の症状のために学校や会社を休まざるをえない」「家事ができないほど月経がつらい」などのような状態があげられます。

月経困難症の症状

月経困難症の症状のうちもっとも多いものは、月経時の腹痛、とくに下腹部痛です。これは月経の1~2日目がもっとも強く、あまりのつらさに会社や学校を休んでしまうというケースも少なくありません。
他の症状としては、腰痛、頭痛、吐き気、貧血、倦怠感などがあります。また、月経時のつらさや痛みが原因で、精神的に不安定な状態になる場合もあります。
さらに、器質性(続発性)月経困難症の場合、これらの症状に隠れて子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が進行していることもあります。

ページのトップへ

月経困難症の原因

月経困難症の原因と分類

月経困難症は、その原因から2種類に分類することができます。

月経困難症の分類

分類 割合 原因
機能性(原発性)月経困難症
  • プロスタグランジンの過剰分泌
  • 器質的(≒身体的)な原因がある(子宮筋腫、子宮内膜症など)
器質性(続発性)月経困難症
  • 器質的(≒身体的)な原因がある(子宮筋腫、子宮内膜症など)

機能性(原発性)月経困難症は、月経困難症の大半を占めています。これは、病気などの身体的な原因が存在しないのにもかかわらず症状が出るタイプです。
機能性(原発性)月経困難症の原因は、プロスタグランジンという物質であるとされています。プロスタグランジンとは、ホルモンに似た働きをする物質で、 月経時に子宮内膜で作られ、痛みのもとになります。機能性(原発性)月経困難症は、このプロスタグランジンが通常よりも多く産生されているものであると考えられています。
器質性(続発性)月経困難症は、月経困難症の中では少数です。これは、月経困難症の直接的な原因となるような、器質的(≒身体的)病気が存在するタイプです。
器質性(続発性)月経困難症の原因は、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症など、子宮関連の病気が中心です(子宮筋腫について詳しく知りたい方はこちらへ子宮内膜症について詳しく知りたい方はこちらへ)。

ページのトップへ

月経困難症の検査と診断

月経困難症の検査

月経困難症の検査では、問診、尿検査、血液検査、血圧測定、内診、超音波検査などを行います。
また、上記の検査等から器質性(続発性)月経困難症であると思われる場合には、その原因である器質的(≒身体的)病気を発見するために、CT検査・MRI検査などを行います。
それぞれの検査について、以下の表で具体的に見てみましょう。

月経困難症の検査

検査名 検査内容
問診
  • 自覚症状、月経の状態、月経の周期、初経の年齢、性体験・妊娠・出産・流産・中絶経験の有無、既往症(過去にかかった病気)、現在服用中の薬などについて医師より質問される
  • 事前に問診表に記入をしてから行われる場合が多い
尿検査
  • ホルモンの状態や排卵の有無などを調べる
血液検査
  • ホルモンの状態や子宮・卵巣の腫瘍などを調べる
血圧測定
  • ホルモンの状態や貧血の有無などを調べる
内診
  • 膣内や子宮の入口の状態などを調べる
  • 数分で終了する
超音波検査
  • 超音波を出す機械で体内の様子を画像にして調べる
MRI検査
  • 磁気を利用した装置で体内の様子を詳細な画像にして調べる
  • 器質性(続発性)月経困難症と思われる場合に行われる
CT検査
  • X線を利用した装置で体内の様子を詳細な画像にして調べる
  • 器質性(続発性)月経困難症と思われる場合に行われる

ページのトップへ

月経困難症の治療法

月経困難症の治療

月経困難症の治療は、月経困難症の種類により異なります。
器質性(続発性)月経困難症の場合は、まずは器質性(続発性)月経困難症の原因となっている病気(子宮筋腫、子宮内膜症など)の治療を行うことが第一です。これは、原因となっている病気を治療することによって、月経困難症の症状も改善されることが多いためです。

一方、機能性(原発性)月経困難症の場合は、治療法として薬物療法や生活習慣の改善などがあります。

薬物療法

機能性(原発性)月経困難症治療の薬物療法としては、主に鎮痛薬が用いられます。これは、鎮痛薬により症状をやわらげる対症療法という治療法です。
また、 プロスタグランジン合成阻害薬という薬も一般的に用いられます。これは、服用することにより月経痛の原因となるプロスタグランジンの過剰産生を抑制し、ひどい痛みをおさえる薬です。
プロスタグランジンは月経の開始前から産生され始めるので、月経開始の1~2日前から鎮痛薬の服用を始めると効果がえられることもあります。

症状が重度であるときは、医師の処方にもとづき、ピルが用いられる場合もあります。しかし、高血圧の方やタバコを吸う方はピルを使用することができない場合もありますので、注意が必要です。

飲み薬はかならず医師の指導のもとで服用し、用法・用量を正しく守りましょう。

生活習慣の改善

生活習慣が乱れると、ホルモンのバランスが崩れ、月経の症状が重くなる場合があります。また、疲れや精神的なストレスなども症状を悪化させる原因となることがあります。
生活習慣を見直すことで、症状の改善をはかりましょう。以下の表に、生活習慣の改善の例をいくつか挙げます。

生活習慣改善方法の例
無理をしない
月経時はあまり無理をせずに、ゆったりと過ごすようにしましょう。
規則正しい生活を送る
規則正しい生活を送るようにこころがけましょう。
バランスのよい食事を三食きちんと食べる
バランスのとれた食事を三食しっかりと食べましょう。決まった時間に食事をとると、生活によいリズムが生まれます。
十分な睡眠と休養をとる
睡眠と休養を十分にとり、疲れやストレスをためないようにしましょう。
リラックスできる時間を作る
それぞれにあった趣味(例えば音楽、映画、読書など)などでリラックスし、気分をやわらげましょう。

※治療に当たっては、必ず専門医(婦人科)にご相談ください。

ページのトップへ

月経困難症の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ