e治験.com

トップページ > 病気事典 > 婦人科 > 更年期障害

更年期障害

気になる病気の症状・原因・予防

閉経前後の更年期にホルモン産生のバランスが乱れ、ほてり、のぼせ、発汗などの症状が現れる状態を、更年期障害といいます。ホルモン補充療法などの薬物療法や、心理療法による治療が行われます。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

更年期障害の症状

更年期とは

女性の一生は、大きく分けると「幼少児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」の5つに分けることができ ます。そのうち、更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの産生が急激に減少する「閉経を迎える時期の前後5年くらいの期間」のことを指します。 (通常、1年以上月経がない場合、閉経と判断されます)
日本人女性の平均閉経年齢は50歳くらいといわれていますので、更年期はだいたい45~55歳くらいと考えることができます。

多岐にわたる更年期症状

多岐にわたる更年期症状

更年期障害でみられる症状(更年期症状)にはいろいろなものがあります。下表は主な症状をまとめたものですが、ここに示した以外の症状がでることもあります。
また、ホルモン分泌の乱れに対して体や心が敏感に反応する人とそれほどでもない人がいるので、症状の強さにもかなり個人差が見られます。


20~30代でも要チェック!若年性更年期障害

20~30代でほてりやのぼせ、イライラなど更年期のような症状を感じる女性が増えており、増加している背景には、強いストレスや不規則な生活、過労や無理なダイエットがあるのではないかと言われています。
20代女性は社会人として初めて経験することや仕事の重圧も多く、30代になると結婚や出産、子育てなどで生活が激変することもあります。 精神的なストレスやプレッシャーが、更年期同様の症状を引き起こす原因となっているのではないかと考えられています。 若年性更年期障害は、早期の治療によって更年期症状を改善することが可能です。できるだけ早めに婦人科を受診しましょう。

分類 症状
血管運動神経系 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ
精神神経系 頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ
運動器官系 腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい
消化器系 食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ
泌尿器系 頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁
生殖器系 月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下
知覚系 しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下
皮膚系 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ

このように更年期障害では多くの症状がありますが、注意してほしいことは、これらの症状が更年期障害によるものとは限らないということです。
何らかの症状が現れた時に、更年期症状だと思って放っておいたら、実はほかの病気だった、というようなこともありますので、気になる症状が現れた時には婦人科などの専門医を受診するようにしてください。

ページのトップへ

更年期障害の原因

女性の体とエストロゲン

更年期症状の発生には、エストロゲン(卵胞ホルモン)が関係しています。
 エストロゲンは女性ホルモンの一つで、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激を受けて、卵巣から産生されますが、「妊娠を助けたり、体内のバランスを整える」という女性にとってとても重要な役割を果たしています。

エストロゲンの主な働き

  • 乳房や性器の成熟を促す
  • 丸みを帯びた女性らしい体をつくりだす
  • 子宮に働きかけて受精卵が着床できる状態をつくる
  • 心を安定させる
  • コレステロールの増加を抑制する
  • カルシウムの形成、吸収を調節し、骨を健康に保つ など

エストロゲンの量

このように重要な働きをするエストロゲンですが、ほとんどの人は更年期を迎えるころになると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から産生されているエストロゲンの量が急激に減少します。
エストロゲンの産生量が減ると、これを感知した脳は、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを産生するように促します。
しかし、卵巣にはその要求に応える力が残っていないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモン分泌のバランスの乱れ」が起こってしまいます。

更年期障害とは

更年期障害とは

上記のように、更年期には、ホルモン分泌のバランスが乱れてしまうため、それに伴い「顔や体が急にほてる」「急に大量の汗をかく」「いらいらする」「不安になる」といった様々な症状がでてきます。
これが更年期障害ですが、これらの症状は、ホルモン分泌のバランスの乱れのほか、更年期の女性が直面することになる「子供の独立・結婚」や「親の介護」などの環境の変化、また、家庭や職場などでのストレスなども加わり引き起こされます。
更年期障害の症状は多岐にわたり、症状の出方、強さ、期間などにはかなり個人差があります。

ページのトップへ

更年期障害の検査と診断

更年期障害の診断

問診(主に聞かれること)

1.問診(主に聞かれること)

  • 現在の症状に関わること(種類、発症時期、程度)
  • 月経に関わること(最終月経、月経周期)
  • これまでにかかった病気、家族の病歴  など

2.主な検査と確認事項

検査 確認すること
血液検査
  • 血液中のホルモン量を測定し、エストロゲンが減少し、卵胞刺激ホルモンが増加するといった更年期にみられるホルモン変化があるかどうか
  • 生活習慣病などの病気が隠れていないか
内診、細胞診などの婦人科系の検査
  • 子宮筋腫など婦人科系の病気がないか
心理テスト
  • うつ病などの精神疾患がないか

3.診断

現在は、以下のような項目に該当すれば更年期障害と診断されています。

  • 更年期に該当する年齢である
  • 診察や検査の結果、更年期症状と同じ症状を示す別の病気がないと診断できる
  • 訴えが心身両面にわたり、多彩かつ複雑である  など

ページのトップへ

更年期障害の治療法

更年期障害の治療法

更年期障害の治療には、薬物療法や心理療法などがあります。

薬物療法

更年期障害の治療で薬物療法を行う場合には、体全体の調子を整えるための薬が主に用いられますが、特定の症状が強く出ているときは、それを改善するための薬も併用されます。
(例)精神神経症状(不安感、いらいら、うつ状態、不眠など)が強く出ているとき:抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など

体全体の調子を整える薬
薬の種類 目的 用いる場合 特徴
ホルモン薬
(ホルモン補充療法)
急激に減少する女性ホルモンを補充することによってホルモンバランスを整えます。 のぼせ、ほてり、発汗などの血管運動神経系症状が中心となっているような場合に用います。
  • 萎縮性膣炎に基づく膣乾燥感、性交痛にも効果があります。
  • 骨粗しょう症の治療にも用いられます。
  • 個人差はありますが、不正出血、乳房痛、頭痛、悪心、嘔吐などの副作用があります。
  • 長期間の使用によって乳がんになる可能性が若干高くなるといわれています。
漢方薬  「気・血・水」の流れを改善し、全身のバランスを整えます。 更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。
  • 体質や症状などによって薬が使い分けられます。
  • 副作用が少なく、長期間の使用が可能です。
  • 効果がでるまでにやや時間がかかります。
自律神経調整薬 自律神経全体のバランスを整えます。 更年期症状が軽い場合やホルモン薬を使えない場合に用います。
  • ほてりや発汗などに効果がありますが、効果はやや弱いです。
  • 補助的に使用されます。

心理療法

心理療法

更年期症状には、体に関わるものだけではなく、「いらいら」「不安感」「うつ状態」など、心に関わるものがあるため、症状の原因が精神的な問題にある場合に用いられます。
この療法は、日常生活に張りをつくるようにする、物事の考え方を変えてみるなど、心理的な側面から症状を軽減していく方法で、担当の医師と話し合っていく中で、ストレスとうまく付き合っていく方法を見つけ、心の負担を軽くしていくものです。

※治療に当たっては、必ず専門医(婦人科)にご相談ください。

ページのトップへ

更年期障害の予防

更年期を迎える方へ

更年期をうまくのりきるためには、「栄養バランスに気を配った食事をとる」「ウォーキングや軽いジョギングなどの適度な運動をする」ことの他、「趣味や仕事、ボランティア活動など何か打ち込めるものをもつ」など、普段の生活の中で取り組めることも重要となります。
これらの取り組みは、更年期を迎えてからかかりやすくなる下表の病気の予防にもなりますので、更年期を迎える前から心がけましょう。

更年期を迎えてからかかりやすくなる主な病気

病気の種類 主な症状
高血圧症 動悸、息切れ、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り
狭心症・心筋梗塞などの心臓病 動悸、息切れ、不整脈、胸痛
糖尿病 のどの渇き、頻尿、しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、体重減少、倦怠感
骨粗しょう症 腰痛、背部痛
甲状腺機能亢進症(バセドウ病) 発汗過多、動悸、息切れ、月経不順、体重減少、ふるえ
子宮体がんなど婦人科系の病気 不正出血、おりものの異常、腰痛、動悸、息切れ、貧血
膀胱炎 排尿痛、残尿感

更年期を迎えた方がご家族の中や周囲にいる方へ

更年期を迎える時期は、子供が独立・結婚したり、親の介護をするようになったりというような環境の変化、また、家庭内や職場などでのストレスが重なる時期でもあり、これも更年期症状の症状を引き起こしたり悪化させたりする原因となります。
ご家族や周囲の方が、じっくり話を聞いてあげると、気持ちが楽になり、更年期症状が緩和されることも多いので、特にご家族の方は、会話の機会をできるだけ多くもつよう心がけてください。


(参照元:治験情報ネット【更年期障害】

ページのトップへ

更年期障害の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ