e治験.com

トップページ > 病気事典 > 一般内科 > 片頭痛

片頭痛

気になる病気の症状・原因・予防

片頭痛は、左右どちらかに起きることが多い、発作性の頭痛です。痛みは数時間から3日ほど続き、吐き気を伴うこともあります。人によっては発作の前に、チカチカとした光が見える前兆があります。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

片頭痛の症状

片頭痛とは

片頭痛とは

頭痛を訴える患者さんの大部分は、自らを「頭痛もち」と思っています。この頭痛もちの頭痛の中にはいくつかの種類がありますが、最も多く、しかも悩まされるのが「片頭痛」です。
片頭痛は頭の片側からこめかみにかけて脈打つように「ずきずき」、「がんがん」と痛み、ひどいときには日常生活が妨げられるほどの強さの痛みや、吐き気を伴うとてもつらい頭痛です。
片頭痛は思春期頃から発症することが多く、日本では人口の約8%が罹患していて、中でも若年から中年の女性に多いといわれています。(日本頭痛学会『慢性頭痛診療ガイドライン』より)
片頭痛は一生の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできません。
ただ、片頭痛の正しい知識を身につけ、上手に対処することで、より快適な日常生活を過ごすことができるようになります。

片頭痛の症状

片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として現れることも少なくありませんが、痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側に左右差のある痛みがでる場合、両側が同じぐらい痛む場合など、痛みの種類はさまざまです。片頭痛の特徴は以下のとおりです。片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として現れることも少なくありませんが、痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側に左右差のある痛みがでる場合、両側が同じぐらい痛む場合など、痛みの種類はさまざまです。片頭痛の特徴は以下のとおりです。

  1. 脈拍に合わせてズキンズキンとした痛みである。
  2. 痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある。
  3. 頭痛は、数日~数週間の間隔をおいて発作性に現れる。
  4. 一回の頭痛は数時間から3日続く。
  5. 頭痛発作の時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴うことがある。
  6. 頭痛発作の時に、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある。
  7. 明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
  8. 頭痛の強い部分を手で圧迫すると、その間は痛みが和らぐ。
  9. 30歳までに発症することが多い。
  10. 頭痛発作の時、またはその直後に下痢や発熱などの症状があらわれることがある。
  11. 血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいることがある。

片頭痛の種類

片頭痛では、小児や高齢者を除いてたいていの人が頭痛のあらわれる30分から数時間前に前ぶれを感じます。 片頭痛は、前兆(目の前にチカチカと光が見えたり、星が見えたりする症状:閃輝暗点)のある片頭痛と、前兆はないがなんらかの前駆症状(頸すじ・肩の張り、生あくびなど)のある片頭痛、前兆も前駆症状もまったくない片頭痛と、大きく3つに分類されます。

ページのトップへ

片頭痛の検査と診断

片頭痛の検査と診断

片頭痛の検査と診断

片頭痛は検査ではわかりません。患者さんからの問診と医師がもっている医学知識を照らし合わせることによって初めて正確な診断ができます。
脳の検査として思い出すのがCTやMRIですが、これらは脳組織が破壊されるような病気については写しだすことができます。しかし、片頭痛は脳組織に異常を起こさないため、これらの検査では診断できません。片頭痛は脳ではなく血管が拡張することで痛みが起こるのです。

前兆のある片頭痛

A.次のB~Dを満たす発作が過去に2回以上ある。

B.次のうち、少なくとも1項目を満たす。ただし、運動麻痺(脱力)は伴わない。

  1. キラキラした光や点が見える、視覚が消失するなど、一過性の視覚症状がある。
  2. チクチク感がある、感覚が鈍くなるなどの感覚症状がある。

C.次のうち、少なくとも2項目を満たす。

  1. 両目の左右同じ側の視覚症状、または片側の感覚症状、あるいはその両方。
  2. 次のうち1つ、または両方を満たす。
    (a)少なくとも1つの前兆が5分以上かけて少しずつ進行する
    (b)上記とは別の複数の前兆が引き続き5分以上かけて進行する。
  3. それぞれの前兆が5~60分続く。

D.前兆の出現中もしくは前兆後60分以内に、【前兆のない片頭痛】の診断基準B~Dを満たす頭痛が起きる。

E.原因となる病気がほかにない。

前兆のない片頭痛

A.次のB~Dを満たす発作が過去に5回以上ある。

B.頭痛発作が4~72時間持続する。
(治療を受けていない、または治療の効果がない場合)

C.次のうち、少なくとも2項目を満たす。

  1. 片側性頭痛
  2. 拍動性頭痛
  3. 中等度~重度の痛み
  4. 歩く、階段を昇り降りするなど、日常の動作により痛みが強くなる。

D.発作中、次のうち少なくとも1項目を満たす。

  1. 悪心と嘔吐のどちらか、または両方
  2. 光と音に過敏

E.原因となる病気がほかにない。

慢性頭痛診療ガイドライン(日本頭痛学会)より

ページのトップへ

片頭痛の治療法

片頭痛の治療法

片頭痛の治療法

片頭痛の治療法の中心は薬物療法です。現在までにわかっている範囲では薬物以外の治療法つまり物理療法、食事療法といった方法では、補助的効果は認められるものの、その効果は薬物療法を上回るものはありません。
片頭痛の薬物療法には大きく分けて二つの方法があります。一つは頭痛発作が出たときに対処する方法で、これを急性期治療といいます。これに対し頭痛を出にくくする治療法があり、これを予防療法といいます。
たいていの場合、急性期治療から開始し、症状が強かったり、頭痛の回数が多かったりした場合に、予防療法を追加します。
片頭痛の予防効果が認められている薬は、抗うつ薬、β遮断薬、抗てんかん薬(バルプロ酸)、カルシウム拮抗薬などがありますが、日本ではカルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンが保険適用となっています。

主な急性期治療薬

薬剤分類 長所 短所
各種消炎鎮痛薬 軽症のうちに服用すると効果があります。 連用によって薬物性頭痛を招く可能性があります。また、頭痛発現後に飲んでも効果は小さいです。
エルゴタミン製剤 血管収縮作用によって動脈の拡張を抑制します。前兆や前駆症状のうちに服用すると効果があります。 血管障害、心疾患などの患者さんには使用できません。また、頭痛発現後に飲んでも効果は小さいです。
トリプタン系製剤 最も新しいタイプの片頭痛薬で、頭痛発現後の片頭痛を速やかに改善します。 血管障害、心疾患などの患者さんには使用できません。

ページのトップへ

片頭痛の予防

薬にばかり頼らずに日常生活でもちょっとした工夫を

片頭痛には種々の誘発因子があります。これらの関与の程度はさまざまですが、ちょっとした注意で片頭痛の引き金となるものを避けることができます。具体的な注意事項は次のとおりです。

片頭痛の予防

  1. 空腹時に頭痛は起こりやすいので、食事は三食しっかり食べる。
  2. チョコレートや赤ワインなどの飲食物は避ける。
  3. 寝過ぎや寝不足は避ける。
  4. 月経の始まる前や月経中などに発作が集中して起こる人は、早めに予防薬を服用する。
  5. 経口避妊薬やホルモン療法で頭痛が悪化することがあるので、症状がひどい時は治療の継続を検討する。
  6. 旅行中に片頭痛が起こることがあるので、旅行中でもできるだけ普段と同じ生活のリズムで過ごすようにする。

※治療に当たっては、必ず専門医(神経内科や脳神経外科)にご相談ください。


(参照元:治験情報ネット【片頭痛】

ページのトップへ

片頭痛の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ