e治験.com

トップページ > 病気事典 > 一般内科 > 脂質異常症

脂質異常症

気になる病気の症状・原因・予防

脂質異常症とは全く自覚症状がなく、血液中の脂肪・コレステロールが増加する疾患です。高血圧と同様、恐ろしい症状です。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

脂質異常症の症状

全く自覚症状がない脂質異常症

脂質異常症の症状

脂質異常症とは、血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が増えた状態のことをいいます。
脂質異常症は痛くもかゆくもなく全く自覚症状がありません。
平成12年の内閣府の調査によりますと、脂質異常症についての感じ方は、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病に比べ、怖い病気という感じ方を持つ人が少なく、わからないという人も多いという結果がでています。
しかし、脂質異常症は自覚症状がでた時には、すでに心臓や脳または下肢の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈 疾患を引き起こすため、高血圧と同様にサイレント・キラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれている怖い病気です。

意外と軽視されている脂質異常症

怖い病気とは思わない 少し怖い病気だと思う 非常に怖い病気だと思う わからない
脂質異常症についての感じ方 7.7% 38.9% 37.6% 15.8%
高血圧についての感じ方 7.8% 37.6% 52.5% 2.1%
糖尿病についての感じ方 5.8% 21.4% 71.0% 1.9%

「生活習慣病に関する世論調査」(平成12年2月内閣府)より

脂質異常症が招く合併症

脂質異常症が招く合併症

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増えた状態で、血液の粘り気も増しています。この状態が長く続くと血管内壁に脂質が沈着し動脈の壁が厚く硬くなっていきます。(動脈硬化の進行)
その結果、心臓では狭心症や心筋梗塞、脳では脳梗塞など命にかかわる恐ろしい合併症を招きやすくなります。
しっかりとコレステロールや中性脂肪の管理を行ない、これらの合併症の発症を予防しましょう。

ページのトップへ

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因

  1. 食事によるもの(高カロリー食、高脂肪食)
  2. 内分泌性によるもの(甲状腺機能障害ほか)
  3. 代謝異常によるもの(糖尿病、肥満症)
  4. 腎疾患によるもの(慢性腎不全他)
  5. 薬物によるもの(ステロイドホルモン、経口避妊薬、アルコールなど)

などが原因となります。

これらが原因ではない場合、原発性高脂血症に分類されることがあります。これは現在、病気でもなく、また特に何か薬を服用しているわけでもないのに、コレステロールや中性脂肪が高く、原因が判明しない状態です。多くは、遺伝的な体質に原因があると考えられます。

動脈硬化の危険因子とは?

動脈硬化を引き起こし、進行させるのは、様々な危険因子が絡みあっています。特に高血圧、脂質異常症、喫煙は動脈硬化の3大危険因子と呼ばれています。危険因子は、生活習慣の改善で調整ができるものと、調整ができないものとに区分されます。

調整が可能な危険因子 調整が不可能な危険因子
生活習慣の改善で調整可能な因子 医療によって調整可能な因子 加齢
性別(男性)
アルコールの大量摂取・肥満 ・喫煙・ ストレス・運動不足 脂質異常症・高血圧・糖尿病・高尿酸血症・痛風 遺伝性

動脈硬化の危険因子

食生活の変化の影響は?

食生活の変化の影響は?

年々、日本人の間に脂質異常症が増加している原因としてまずあげられるのが、食生活の欧米化です。下記の表からでも、昭和30年から平成16年の約50年間で、 エネルギー摂取量に占める脂質エネルギーの割合が大幅に伸びていることがよくわかります。なお、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によれば、脂肪エネ ルギー比率の目標量は、1~29歳が20%以上30%未満、30歳以上が20%以上25%未満とされています。

エネルギーの栄養素別摂取構成割合の変化

たんぱく質 脂質 糖質
昭和30年(1955) 13.3% 8.7% 78.0%
平成16年(2004) 15.0% 25.3% 59.7%
増 減 +1.7ポイント +16.6ポイント -18.3ポイント

「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より

内臓肥満型は要注意

内臓肥満型は要注意

肥満には、内臓型肥満と皮下脂肪型肥満というわけ方がありますが、動脈硬化との関連性が高いのが、内臓型肥満です。
内臓脂肪型か皮下脂肪型かどうかを正確に診断するためには、腹部CT写真を撮影します。腹部CT写真を撮影する前に、身長と体重、ウエストの値から簡単に推定する方法もあります。
  なお、詳しい検査と診断方法は、肥満症をご覧下さい。

閉経後の女性にとっても問題

一般に男性は女性に比べ、動脈硬化になりやすいといえますが、女性も閉経後は注意が必要です。閉経しますと、血液中の脂質を正常に保つ働きをしていたエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が激減するため、LDLコレステロールが増加し、動脈硬化へと進行していきます。近年、閉経を迎えた女性にとって大きな問題として骨粗しょう症が取り上げられていますが、骨密度とともに、コレステロールの値も定期的に測定することをおすすめします。

ページのトップへ

脂質異常症の検査と診断

脂質異常症の検査と診断の方法

脂質異常症かどうかは、12時間以上食事をとらずに採血し、血中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)、トリグリセライド(中性脂肪)を測定し、それぞれの血清脂質の値によって診断を行います。

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール ≧140mg/dL
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール <40mg/dL
高トリグリセライド血症 トリグリセライド ≧150mg/dL

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」より

このように、脂質異常症には測定した値によって、3つのタイプがあります。

ページのトップへ

脂質異常症の治療法

脂質異常症の治療はどのようにして行うのか?

脂質異常症と診断された場合には、放置しないで積極的に治療を受けることが必要です。脂質異常症の治療の目的は、動脈硬化による病気が起こることを予防することですが、まず、食事療法と運動療法から始めます。食事療法と運動療法を行っても治療目標値に届かない時には、薬物療法に入ります。

食事療法

食事療法は脂質異常症の種類によっても異なりますが、基本的なこととして下記の点があげられます。

食事療法のポイント
適切なエネルギーを摂取し、肥満を解消する。
標準体重を目指す。   標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
中性脂肪を増やす原因となる過剰な糖質の摂りすぎやアルコールの飲み過ぎを控える。
間食で果物や菓子類をあまり食べない。週2回以上の休肝日を設ける。
コレステロールの多い食品を控える
卵黄・レバー・ベーコン・たらこ・すじこなどは1回の量をおさえる。
コレステロールの吸収を抑える働きのある植物繊維の多い食品を多くとる。
いも・豆類・野菜・きのこ・海藻類を積極的にとる。
身体の酸化を防ぐ効果のあるビタミンA・C・Eを多くとる
緑黄食野菜(ビタミンA)、野菜類 (ビタミンC)、植物油・種実類 (ビタミンE)をとる。
コレステロールや中性脂肪を低下させる作用のある大豆製品や青魚を多くとる。
大豆・納豆・豆腐・いわし・さんま・さばなどをとる。

運動療法

運動療法は、食事療法とともに脂質異常症の治療には欠かせないものです。運動によって血行が良くなると、中性脂肪や悪玉コレステロールの分解が活発となり、悪玉コレステロールが減って、善玉コレステロールが増えます。とくに、持続的に運動する習慣をつけると、太りにくい体質がつくられます。
      しかし、抗酸化能力が衰え始めた中高年の人が、あまり激しい運動を始めると、体内に大量の活性酸素を生じさせ、全身の細胞、器官、組織がその活性酸素に攻撃されることになります。運動療法は、必ず医師に相談の上、始めてください。

運動療法のポイント
運動を始める前に医師に相談する。
特に、高血圧、糖尿病など、心臓の悪い人などは自己判断で始めることは避ける。
脂肪を燃焼させるために、12~15分以上有酸素運動を行う。
有酸素運動の代表はウォーキング、水泳、サイクリングなどがある。
1回30分、週3回以上を3ヶ月続けると効果が出る。
自分の生活環境と趣味にあった運動を選ぶ。

薬物療法

食事療法と運動療法だけでは治療の目標値に届かなかった場合には、薬物療法を行います。治療薬は、LDLコレステロールを減らす薬剤と、中性脂肪を減らす薬剤に分類されます。

LDLコレステロールを減らす薬剤
  • スタチン
  • 陰イオン交換樹脂
  • プロブコール
中性脂肪を減らす薬剤
  • フィブラート系薬
  • イコサペント酸エチル
  • エチルニコチン酸系薬

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

脂質異常症の予防

脂質異常症にならないための1次予防とは?

 脂質異常症にならないためには、日頃からの生活習慣の積み重ねが大事です。長年の生活習慣はすぐには変えられないかもしれませんが、実行することによる効果はてきめんに現れます。しかも、これらの生活習慣は、糖尿病や高血圧の予防にも結びつきます。

脂質異常症にならないための1次予防

食事の面

  • 食事は1日3食きちんと摂る
  • 脂っこいものを控える
  • 就寝前に物を食べない
  • 間食は控える
  • 塩分を控えめにする
  • 食べ過ぎによる肥満にならない

その他

  • お酒を飲みすぎない
  • 喫煙はしない
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスをためない
  • 定期的な健康診断を受ける

ページのトップへ

脂質異常症の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ