e治験.com

トップページ > 病気事典 > 一般内科 > 心不全

心不全

気になる病気の症状・原因・予防

心不全は「状態」のことをいいます。
一般的に心不全は病気の名前だと思われがちですが、実際には心臓の機能が低下し、その結果として身体にさまざまな症状が出る「状態」をいいます。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

心不全の症状

心不全とは

心不全とは、心臓の機能の低下によって血液が体内に十分に供給されなくなった状態で、その結果として身体にさまざまな症状がでるものをいいます。
一般的に、心不全は病気の名前だと思われがちですが、実際には心臓の機能が低下した状態のことを心不全といいます
。 心不全のおもな症状としては、「階段や坂道をのぼると息が切れる」「少し動いただけでも疲れる」「体がむくみやすくなる」などがあげられます。

心不全の症状

心不全の症状には、さまざまなものがあります。 主な症状としては、疲労感、倦怠感、息切れ、呼吸困難、むくみなどがあげられます。 疲労感や倦怠感を感じるのは、心臓の機能低下のために全身の筋肉に十分な量の血液が行きわたらなくなるためとされています。
息切れや呼吸困難は、心不全の初期には軽い運動をした時に発生しますが、心不全が悪化すると、より軽い運動をした時や安静時、さらには横になっている時にも発生することがあります。
平地を歩く時にはなんともないのですが、坂道を上ったり、重いものを持ったりすると息切れが激しくなります。できればこの時点で、一度医師に相談してください。 また、むくみはとくに足に生じますが、これは立っている状態が長い場合のことであり、例えばあおむけに寝ている状態が長い場合には、背中がむくむこともあります。この場合は身体を少し起こすと楽になったりします。
その他にも、夜間の睡眠中にトイレに行きたくなり、何度も目が覚めてしまう夜間頻尿という症状があります。ベッドやふとんなどで横になると心臓から腎臓へ送られる血液の量が急激に増加し、大量の尿が作られるために起こるものとされています。

ページのトップへ

心不全の原因

心不全の原因

心不全の原因は、心臓の機能の低下です。
心臓には、血液をポンプのように送り出す働きがありますが、その機能が低下すると、うっ血(血液の渋滞)がおこり十分な量の血液が身体に行きわたらなくなるため、さまざまな症状がでます。
また、心臓の機能が低下する原因となっている病気がある場合と、ない場合とがあります。
前者としては心筋梗塞や高血圧(高血圧について詳しく知りたい方はこちらへ)などがあげられ、後者としては乱れた生活習慣、肥満、加齢、飲酒、喫煙、過労、ストレスなどがあげられます。

心不全の分類

心不全は、状態が安定しているか否かによって、慢性心不全と急性心不全に分類することができます。

心不全の分類 とそれぞれの特徴

分類 状態 特徴
慢性心不全 状態が安定している
  • 徐々にあらわれ、長期間持続する
  • 高血圧、心臓弁膜症、肥満などが原因であることが多い
急性心不全 状態が急激に悪化する
  • 過労、ストレス、他の病気(心筋梗塞等)などが引き金になることがある
  • 突然死の原因になることもある

ページのトップへ

心不全の検査と診断

心不全の検査

心不全の検査では、問診、視診・触診・聴診、血液検査、血圧測定、心電図検査、胸部X線検査、心臓超音波検査などが行われます。
それぞれの検査について、以下の表で具体的に見てみましょう。

心不全の検査とその内容

検査名 検査内容
問診 自覚症状、既往症(過去にかかった病気)、生活習慣、現在服用中の薬などについて医師から質問される
視診・触診・聴診 顔色や身体の肥満やむくみの状態、心臓と動脈の拍動、心臓や肺や血管の音などを調べる
血液検査 心臓に負荷があると多く分泌されるB型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)や、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)などの血液中の濃度を調べる
血圧測定 血圧を測定する
心電図検査 心拍が正常かどうか、心臓の壁が厚くなってないかどうかを調べる・心筋梗塞、狭心症、不整脈などの有無を調べる
胸部X線検査 心臓の肥大や肺のうっ血などを調べる
心臓超音波検査 超音波により心臓の画像を描き、心機能全般を調べる

ページのトップへ

心不全の治療法

心不全の治療

心不全の治療法としては、主に薬物療法、生活習慣の改善などがあげられます。
また、心筋梗塞や高血圧など心不全の原因となっている病気がある場合には、まずはその病気自体の治療を行う必要があります。
心不全の薬物療法には、以下の表の薬などが用いられます。
飲み薬はかならず医師の指導のもとで服用し、用法・用量を正しく守りましょう。

薬物療法

薬の種類 効果・特徴
利尿剤
  • 尿の排出を促進し、体内の余分なナトリウムと水分を減少する
  • 体重の変化に応じて投与量を調整する必要がある
血管拡張剤
  • 血管を拡張し動静脈圧を低下させ、心臓にかかる負担を軽くする
強心剤(ジギタリス剤)
  • 心臓の収縮力を強め、心臓の働きを助ける
交感神経活性抑制剤(ベータ遮断剤)
  • 交感神経が活性化するのを抑制し、心臓を保護する
  • 検査をしながら注意して使用する必要がある

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

心不全の予防

心不全の予防

生活習慣の改善

心不全の治療と予防のためには、生活習慣の改善が重要です。
具体的には、以下のようなことに注意する必要があります。
まず禁煙・禁酒についてですが、ここでは心不全との関連でこのふたつを見てみます。
たばこを吸うと心臓に負担がかかり、心不全の原因となるといわれています。また、アルコール類の摂取も血圧を上げ、心臓に負担をかけますので医師の指導を守る必要があります。

次に食生活についてですが、塩分、糖分、脂肪分の過剰摂取をおさえるなど医師の指導のもとに食事内容を見直すことも必要です。
その他にも、体重を定期的に測り、急に体重が増えていないかチェックしましょう。心不全の症状が重い場合には、運動を制限し安静にしている必要があります。しかし、状態が安定している時期は、医師の指導のもと、散歩などの適度な運動をすることによって体力の維持・向上や気分転換をはかりましょう。


(参照元:治験情報ネット【心不全】

ページのトップへ

心不全の治験情報



治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ