e治験.com

トップページ > 病気事典 > 神経科・神経内科 > パーキンソン病

パーキンソン病

気になる病気の症状・原因・予防

神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられている、原因不明の神経変性疾患です。主な症状として、手足の振るえ、動作がぎこちなくゆっくりになる、バランスがとれずに転びやすいなどの症状が見られる場合が多いです。
発症年齢のピークは50代後半から60代ですが、20代の発症や、80歳を超えてからの発症もあります。発生頻度は男女同数です。日本では、人口10万人当たり100~150人名の患者さんがいると言われています。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

パーキンソン病の症状

パーキンソン病ってどんな症状がでるの?

パーキンソン病の4大症状(振戦、筋肉の固縮、動作の緩慢、姿勢保持反射障害)

多岐にわたる更年期症状

振戦 力を抜いてリラックスしたときに、手や足が震えます。
最初は左右どちらか片側から、症状が出てくることが多いです。
筋肉の固縮 関節を曲げ伸ばしするときに強い抵抗を感じます。
そのため動作がぎこちなくなります。
動作の緩慢 動き始めるまでに時間がかかります。
また、動いても、動作がゆっくりで、小さくなります。
姿勢保持反射障害 体のバランスを崩したときに、足を出して姿勢を立て直すことができず、転びやすくなります。

上記以外の症状では、以下の症状が認められることがあります。

  • 立ち上がったときのめまい、たちくらみ。
  • 尿漏れ、失禁
  • 便秘
  • 唾、食べ物が飲み込みにくい
  • 字を書くと、だんだん文字が小さくなる
  • 最初の一歩が出しにくい、足がすくむ
  • 歩くときに手の振りが小さくなる
  • 一歩の歩幅が狭くなる
  • 歩いている途中で、自分の意思で止まれなくなることがある
  • 表情の変化が乏しくなる
  • 小声になる
  • 眠れない
  • 立った時、歩く時に腰を曲げた前傾姿勢となる

ページのトップへ

パーキンソン病の原因

パーキンソン病はドーパミン不足が影響していますが、その原因は依然不明

●ドーパミン不足

ドーパミンは円滑な随意運動を行うために大切な役割をつとめています。中脳黒質のドーパミン神経細胞減少により、これが投射する線条体においてドーパミン不足と、相対的なアセチルコリンの増加がおこり、機能がアンバランスとなることが原因と考えられています。しかしその原因は依然不明です。

ページのトップへ

パーキンソン病の検査と診断

パーキンソン病の診断には医師の診察が重要

パーキンソン病の診断では、診察が重要です。
検査(MRI・CT・MIBGシンチグラフィーなど)も行いますが、現在のところ「パーキンソン病だということがわかる検査」はないため、検査の結果からパーキンソン病と診断することはできません。
パーキンソン病とよく似た症状の別の病気ではないことを確かめるために検査を行います。

パーキンソン病と似たような病気もあります。

また、パーキンソン病と同じ症状が見られても、パーキンソン病と診断されないこともあります。パーキンソン病以外でパーキンソン症状を呈する病気を「パーキンソン症候群」と言います。「パーキンソン症候群」を起こす原因は以下のものがあります。

  • 脳梗塞が多発して起こる場合。歩行が不安定なので、横方向に歩幅を広くとる特徴があります。
  • お薬が原因の場合。歩行障害が強く、左右差は軽度です。
  • 手足の震えが主な症状の場合。本態性振戦の可能性があります。何か動作をしようとすると震えが強くなり、安静にするとおさまります。

ページのトップへ

パーキンソン病の治療法

パーキンソン病の根治的な治療法はまだ見つかっていません。しかし、効果的な薬物療法、外科療法、リハビリテーション療法があり、これらを組み合わせて症状を抑えていくことができます。
また、症状の軽い段階で治療を始めれば、病気の進行を緩やかにすることができ、パーキンソン病がない人と同じくらい天寿を全うできる可能性もあると言われています。

治療の流れ

パーキンソン病の治療の流れ

薬物療法

種類 特徴
L-ドパ ドーパミンを補充する最も強力なパーキンソン病の治療薬。
長期間使用すると薬の効き方にムラが出て、一日の中で症状が良くなる時間・悪くなる時間が出てくることがあります。
また、薬が効き過ぎると、自分の意思とは無関係に体が動く症状(ジスキネジア)が出ることがあります。
ドパミンアゴニスト L-ドパに似た働きを持つ治療薬で、即効性があります。長期間使用しても、L-ドパのように薬の効き方のムラやジスキネジアが出にくい言われています。
また、副作用で急に眠気に襲われることがあります。
アマンタジン ドーパミン放出の促進作用がある薬剤。全ての患者に有効とは限りません。
MAO-B阻害薬 ドーパミンを分解する酵素の効き目を弱くして、ドーパミンが長く留まるようにする薬剤。
末梢性COMT阻害薬 血液中でL-ドパが分解されることを防ぎ、L-ドパが脳内にたくさん入るようにする薬剤。
抗コリン薬 ドーパミン減少時に過剰となる神経伝達物質のアセチルコリンの効き目を抑制する薬剤。

※パーキンソン病の薬を自己判断で中断すると、高熱・全身の発汗・全身が硬直する・意識が混濁するなどの症状が現われることがあります。必ず主治医の指示に従って、服薬してください。

外科的療法

定位脳手術、深部電気刺激治療

※薬物療法で治療をして効果が十分でない場合に、外科的療法が検討されます。

参考資料
「パーキンソン病―正しい治療がわかる本」 竹村 学 著
「病気が見える 脳・神経」 医療情報科学研究所
「パーキンソン病治療ガイドライン2011」 日本神経学会 監修
「パーキンソンとその治療」 自治医科大学 内科学講座 神経内科学部門 藤本健一先生
難病情報センター http://www.nanbyou.or.jp/entry/169


(参照元:治験情報ネット【パーキンソン病】

ページのトップへ

パーキンソン病の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ