e治験.com

トップページ > 病気事典 > 整形外科 > 変形性膝関節症

変形性膝関節症

気になる病気の症状・原因・予防

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減り、筋力が低下することで、膝関節に炎症が起きて痛みを感じる病気です。膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない、といった状態になることもあります。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力の低下が要因となって、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて患者さんの数が増えていきます。
発病初期は痛みがすぐに治まったり、痛みがあっても年のせいだとあきらめたりして病院を訪れる人が少ないのが現状です。一度発病したら若いころのような 膝に戻すことはできませんが、適切な治療を受ければ症状の進行を遅らせることで、普通に日常生活を送ることができます。
痛みを我慢することや、年だからとあきらめたりする前に変形性膝関節症の正しい知識を身に付け、適切な治療を受けるよう心がけてください。

症状の現れ方、進み方は千差万別

同じ変形性膝関節症でも、症状の現れ方や進み方は人によって千差万別です。X線写真では膝関節の変形が相当進んでいるのに症状がほとんどない人、逆にひどく痛むのにX線写真では変形がほとんど見られない人など様々です。
変形性膝関節症の症状がどのくらい進んでいるかを知る手がかりとして、自覚症状があげられます。自覚症状は病気の状態をかなり的確に反映しています。

初期の症状 ―朝、膝に違和感を覚える―

初期の症状

朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」が最も早く現れる症状です。この段階では、膝に力がかかる動作で痛みがでることもありますが、この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。
なお、症状の進行は人によって様々で、朝の違和感だけがずっと続いて、本格的な変形性膝関節症にならない人もいます。

中期の症状 ―症状が簡単には治らない―

中期の症状

初期症状を放置しておくと、徐々に進行して症状が悪くなっていきます。まず、痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない状態が進み、正座やしゃがみこむ等の動作が苦痛になってきます。階段の上り下りもつらく、特に下りがつらくなります。
また、炎症が起きてくるために、膝の周辺が腫れたり、熱感をともなったり、むくんだりしてきます。さらに、膝に水がたまって膝が張っているような重くだるい感じもでてきます。
この段階では、膝の変形がひどくなり、膝に力のかかる動きをするとコリコリ、ガリガリといった軋轢(あつれき)音が出るような感じを受けるようになります。

末期の症状 ―さらに痛みがひどくなる―

末期の症状

この段階になると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。そのため、仕事をする、買い物に行く、旅行に出かけるなどの社会活動が思うようにできなくなります。活動範囲が狭まり、外界からの刺激が少ない生活になるとストレスがたまり、うつ状態に陥りやすくなります。また、高齢者の中には、こうした生活(家の外に出ない)が続くと、認知症の症状が現れてくる人もいます。
この段階では、骨の変形が相当進んできますので、外見的にも関節の変形が目立つようになります。

ページのトップへ

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症は大きく2つに分類されます。

変形性膝関節症は「一次性」のものと、「二次性」のものに大別することができます。変形性膝関節症の多くは、筋肉の衰えや肥満、無理な動作など多くの要因が絡み合って膝への負担となり、膝の関節軟骨がすり減って発症します。このように明確な原因が特定できないものを 「一次性変形性膝関節症」といい、 一方、けがや病気など原因となるものがはっきりとしているものを「二次性変形性膝関節症」といいます。

一次性変形性膝関節症の危険因子 二次性変形性膝関節症の危険因子
  • 加齢
  • 女性
  • 筋肉の衰え
  • 肥満
  • 膝への負担の大きいスポーツの習慣
  • O脚や偏平足など足部の変形
  • 足に合わない靴およびハイヒール など
  • 膝周辺の骨折による関節軟骨の損傷
  • 靭帯損傷
  • 半月板の損傷
  • 膝蓋骨の脱臼
  • 膝関節のねんざ
  • 慢性関節リウマチ  など

一次性変形性膝関節症の危険因子

ページのトップへ

変形性膝関節症の検査と診断

変形性膝関節症の検査と診断

変形性膝関節症の検査と診断

変形性膝関節症は、患者さんが診察室に入ってくるときの歩き方を観察することから診察がはじまります。次いで問診によって痛みの状態、生活状況、けがの履歴などを確認し、さらに視診、触診によって 足の変形、腫れの有無、痛みの場所、膝の曲がり具合など詳細に確認していきます。
以上のような問診、視診や触診に加えて、「X線撮影」や「関節液検査」等の詳しい検査を実施して、それらの結果をもとに総合的な診断がくだされます。

検査の内容

検査項目 内容
X線撮影 膝のX線撮影を行い、骨の変形の度合いを調べます。また、骨と骨の間の関節部分は何も写りませんが、この隙間の部分も重要な意味があります。この隙間が狭いと関節軟骨がすり減っているということになります。
関節液検査 膝に炎症が起こって腫れている場合、注射器で関節液を抜き取りその状態で病気の判定をします。

ページのトップへ

変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症の治療法

一度すり減ってしまった関節軟骨は、もとの完全な形に修復されることはありません。変形性膝関節症の治療は、痛みをとるとともに、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高め、病気の進行を遅らせることを目指して行われます。
治療方法は、症状の進行度や痛みの程度によって異なりますが、薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法が基本となります。これらの治療でも症状が緩和されない場合には外科的療法を行います。

薬物療法

薬物療法

変形性膝関節症で処方される薬はいろいろあります。
対症療法として炎症を抑え痛みを和らげる目的で、非ステロイド性抗炎症剤(NSAID)の外用薬や内服薬などが使われます。悪くなった膝の関節機能を高め、痛みを和らげるために、膝関節内にヒアルロン酸を注射することもあります。ヒアルロン酸の注射は関節軟骨のすり減りを抑え、病気の進行を遅らせることが期待できます。強い炎症が膝にある場合には、ステロイド剤を関節内に注射することもあります。
疑問や心配なことがあれば、担当の医師にご相談ください。

変形性膝関節症に使われる薬剤
分類 成分 長所 短所
外用薬
(湿布薬、軟膏)
非ステロイド性抗炎症剤 作用部位が局所に限られているので、長期にわたって使用できます。 身体の奥まで効果が届きにくいため、すぐには効果が表れません。
内服薬 非ステロイド性抗炎症剤 比較的短時間で効果が現れます。 作用時間の長い薬を使うと、胃腸障害や腎障害、肝障害などの副作用が出やすい。
関節内注射 ヒアルロン酸製剤 傷ついた関節軟骨を保護し、潤滑を改善して関節機能を改善するとともに痛みを和らげます。 適切に消毒されないと、感染症を引き起こすことがあります。
ステロイド剤 炎症を鎮め、強い鎮痛作用を示します。 感染症のリスクに加え、繰り返して使うと軟骨破壊が進むという副作用があります。

温熱療法

温熱療法

関節炎による痛みをやわらげたり、炎症を鎮めるためには、患部を温めるのは大変効果的です。一般的に変形性膝関節症のような慢性の疾患の場合は、患部を温める温熱療法が行われます。また、膝が熱っぽく腫れているような急性の痛みには冷却療法が行われます。
家庭で行える温熱療法には、お風呂に入って患部を温める方法や温湿布やホットパックを使って暖める方法があります。また、日ごろから患部にサポーターを当て冷やさないようにすることも大切です。ただし、症状によってはこれらの療法で効果がない場合もありますので、最初は自分の判断で行わずに、医師によく相談してから始めるようにしてください。

運動療法

運動療法には2つの目的があります。1つ目は症状の緩和です。運動をすることによって血行をよくし患部を温めて痛みを軽減させるほか、関節の動きをスムー ズにする効果があります。2つ目は病気の根本的な治療です。体を動かすと血流がよくなって、関節部分に栄養がいきわたります。すると、炎症の原因となる老廃物がどんどん排泄されますし、細胞の活動も活発になり病気の進行をとめたり再発を防いだり、さらには治療効果まで期待できるというわけです。ただし、運動療法を始めるときには必ず医師によく相談してから行うようにしてください。

運動療法の効果
筋肉の萎縮を防ぐ 筋力をつけることで、関節への負担を減らす。
体重のコントロール 肥満による関節への負担を減らす。
関節内の組織の新陳代謝がよくなる 膝周辺の組織へ栄養分がいきわたり、老廃物が排泄される。膝にたまった水がなくなる。
関節の機能を回復する 関節の動きをよくし、膝が完全に曲がりきらない状態や、伸びきらない状態を防ぐ。
関節軟骨を再生する 関節軟骨がすり減っていても、軟骨細胞の新陳代謝がよくなると、細胞が活性化し、繊維軟骨が再生されやすくなる。

外科的療法

上記の治療を行っても、症状の改善が認められない場合には最終手段として外科的療法を行います。
手術をすれば痛みがなくなり、動けるようになります。その結果、活動範囲が広がり生活が明るくなり物事を前向きに考えるようになります。
ただし、手術にはメリットもあればデメリットもあります。患者さんの年齢、体力、どこまでの回復を望んでいるのかなど、すべてのことを総合して、適切な手術を選択します。

外科的療法の種類
手術名 特徴
高位頚骨骨切り術 O脚を矯正する手術です。ほぼ完治しますが、長期入院が必要で回復には半年近くかかるため、手術を受けられる人は限られます。
人工膝関節置換術 関節が大きく変形し、痛みが取れなくて生活が困難になった場合に行う手術です。関節の状態がよくない人や高齢者でも受けられますが、耐久性が完全でない、可動域が狭くなり正座ができなくなるなどのデメリットもあります。
関節鏡視下郭清術
(デブリードマン)
関節の変形があまり進んでいなく、半月板の損傷や骨の変形が痛みの主な原因となっている人に行う手術です。条件を満たした人に行うとかなりの効果を発揮しますが、条件に合う患者さんはあまり多くありません。

変形性膝関節症のポイント

変形性膝関節症の治療は、病院へ通院することだけではありません。医師の指導にしたがって治療を行って痛みが治まってきたら日常生活を見直し、膝への負担をできるだけ軽くする工夫をすることが大切です。
ただし、早く治したいからといって、がんばり過ぎて症状が悪化したり、無理をして疲れてしまい長続きしなかったりしたのでは効果がありません。自分の体力や病気の症状を考えて、自分のペースで少しずつ毎日の生活に取り入れていきましょう。

  1. 肥満を解消する
  2. 運動不足を解消する
  3. 足にあった靴を選ぶ
  4. 和服を着る機会の多い人は、和服を脱いだら足のストレッチをする
  5. 毎日お風呂に入り血行をよくする
  6. サポーターなどを利用して膝を冷やさないようにする
  7. 杖を利用する など

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

変形性膝関節症の予防

自宅でできる簡単なトレーニング

変形性膝関節症は、膝に痛みをともないます。できることなら、一生痛みはあじわいたくないものです。そこで、自宅でできる簡単な大腿四頭筋(ふとももの前側の筋肉)を鍛える運動を紹介します。
この運動は、筋肉を鍛えると同時に、関節軟骨の代謝も促進するので柔軟性が増し、膝が完全に曲がりきらない状態や、伸びきらない状態になるのを予防するのにも効果的です。

大腿四頭筋肉のトレーニング

大腿四頭筋肉のトレーニング

椅子に深く腰かけ、太ももとすねが水平になるまで、5秒間くらいかけてゆっくりと片足を上げていく。

大腿四頭筋肉のトレーニング

できるだけ膝をピンとのばす。つま先も立てたほうが良い。

大腿四頭筋肉のトレーニング

5秒間くらいかけて、ゆっくりと足を下ろす。

大腿四頭筋肉のトレーニング

慣れてきたら、500g~1kgの重りをつけて同様に行う。

(参照元:治験情報ネット【変形性膝関節症】

ページのトップへ

変形性膝関節症の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ