e治験.com

トップページ > 病気事典 > 心療内科・精神科 > AD/HD(注意欠陥/多動性障害)

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)

気になる病気の症状・原因・予防

AD/HD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)とは、日本語で「注意欠陥/多動性障害」「注意欠陥/多動症候群」などとも呼ばれる発達上の障害です。推定では子供の数%くらいがAD/HDであると言われており、決して珍しい病気ではありません。子供は落ち着きがないと言われるのが普通ですが、親や学校の先生が手におえないくらいの場合は、もしかしたら「AD/HD(注意欠陥/多動性障害)」の可能性があるかも知れません。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の症状、特徴

AD/HDの主な3つの症状は、「不注意」「多動性」「衝動性」で、以下のような症状が見られます。

AD/HDの主な3つの症状

不注意の症状

  • 集中力が続かない
  • 人の指示にしたがえない
  • ミスをしやすい
  • 仕事や家事を計画立てて行えない
  • 人の話を聞いていないように見えることが多い
  • 用事や待合せ時間を忘れることがよくある

多動性の症状

  • 落ち着きがない
  • じっとしていることが苦手
  • 手足を頻繁に動かしてしまう
  • じっと座っていられず、すぐに席を立ってしまう
  • 話し出すと、なかなか止まらない

衝動性の症状

  • 順番を待てない
  • 人の話を最後まで聞かず、話の途中で回答してしまう
  • 人の話を遮って話してしまう
  • 人にすぐちょっかいを出したくなる
AD/HDセルフチェック

ページのトップへ

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断

「忘れ物が多い」「集中力がない」「我慢ができない」など、心当たりはありませんか?

上記3つに心当たりがある方は、AD/HD(注意欠陥/多動性障害)かも知れません

AD/HDは「じっとしていられず動きまわる」「衝動的な行動を起こす」「不注意」「集中できない」等を主な症状とする発達上の障害です。
誰でも少しはこのような症状があるかも知れませんが、AD/HDの場合は、これら「不注意」「衝動性」「多動性」の症状が年齢不相応に顕著にあらわれます。

AD/HDセルフチェック

ご自身だけでなく、ご家族やご友人など、まわりの方がAD/HDである可能性をチェックすることもできます。
最近6ヶ月間で、よく当てはまる症状・行動があれば、チェックしてください。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

このチェックツールは、AD/HDの方に良く認められる行動の有無を示唆する目的で作成されたものであり、医師による診断を代用するものではありません。
このチェックツールの結果により利用者が万が一不都合、不利益を被った場合でも、e治験.comおよび日本治験推進機構、監修者はいずれもその責を負わないものとします。
また、AD/HD以外の病気の可能性の有無について、いかなる示唆を与えるものでもありません。

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断

AD/HDの診断は、まず多くの精神疾患と同様に問診で行い、続いて心理検査・知能検査、場合によってはMRI・脳波測定等の検査が行われることもあります。
AD/HDに特化した生物学的マーカー等は開発中であり一般的ではありませんが、現在最もよく使われている国際的な診断基準は、アメリカ精神医学協会が定めたDSM-IV(1994)と、それを改訂したDSM-IV-TR(2000)のAD/HDと言われています。
なお、このDSM-IVでは、MRIや血液検査等の生物学的データを診断項目にしていません。

DSM-IVでは、AD/HDを「不注意優勢型」、「多動性・衝動性優勢型」、不注意と多動性・衝動性の両方の特徴をもつ「混合型」という3つのタイプに分類しています。

  • 不注意優勢型
  • 多動性・衝動性優勢型
  • 混合型

ページのトップへ

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の治療

AD/HDの治療には「心理社会的治療」と「お薬による治療(薬物療法)」があります。
また、AD/HDの発症には生物学的要因や心理的要因などが複合的に関連していると言われています。生物学的要因が大きく関連していると考えられており、薬物療法が重要な治療法のひとつとなります。

薬物療法

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の治療法

AD/HDの治療方法の1つである薬物療法では、お薬を服用することで問題行動を起こす症状が抑制され、行動をコントロールしやすくなり効果的と言われています。
AD/HDの子どもの場合、薬物療法を受けていないと、じっと大人しくしていられず、学校でもお行儀よく座って授業を受けることが難しいと言います。
しかし、薬物治療で薬を飲み始めると、静かに落ち着いて授業を受けられるようになる、という報告がされています。
子どものAD/HDの薬物治療では、塩酸メチルフェニデート徐放錠やアトモキセチンなどの薬物が主に使用されています。塩酸メチルフェニデート徐放錠は、神経伝達物質のドパミンやノルアドレナリンの活性化が、諸症状の改善につながると考えられています。アトモキセチンはノルアドレナリンの再取り込みを選択的に阻害する薬剤です。
塩酸メチルフェニデート徐放錠は、不適切な使用を避けるため、流通管理が徹底されています。また、塩酸メチルフェニデート徐放錠の処方は、一定の基準を満たす登録済みの専門医が、限定された医療機関や薬局にて行います。
AD/HD治療薬の使用は、前述したDSM等の標準的な診断基準に基づきAD/HDと診断された場合のみ可能となります。
また、現在、小児用に開発され適用されているAD/HD治療薬を、大人にも処方できるように、治験が行われています。

心理社会的治療

AD/HDの治療の1つに、心理社会的治療法があります。その心理社会的治療法の中でよく用いられるのが、行動療法・認知行動療法・コーチング等です。不注意などが原因で何度も叱られていると自分への評価が低くなることもあり、将来に不安を感じる場合もあるでしょう。心理社会的治療ではそういったメンタル面のケアも行います。

【行動療法】
AD/HDの治療で行う行動療法は、AD/HD患者に物事の善悪を認識できるようにする治療です。例えば、AD/HDの子供に教える場合は、良いことをした時には褒めて、悪いことをした場合には叱ったり罰を与えたりして、本人にとって好ましい行動がとれるように導きます。
【認知行動療法】
認知療法と行動療法の総称で、AD/HDの治療で行う認知行動療法は、AD/HD患者の行動的、情緒的、認知的な不適応問題の発生を防ぐための治療方法です。認知行動療法では、学習理論に基づく行動科学や行動変容を用いて、AD/HD患者の認知を変えていき、自己をコントロールできるようにします。
【コーチング】
AD/HDで行うコーチングでは、人間関係や仕事・学業などさまざまな場面における短期目標と長期目標を認識・実践させ、定期的にチェックすることで目標の遅れや誤りに気づかせます。
AD/HD患者は、定期的にその目標に対してどのような行動を取ったか等を報告し、カウンセラーはリードしながら、他の選択肢についてもアドバイスし、好ましくない衝動的な行動がどのような結果に結びつくかも教えていきます。
AD/HDのコーチングは特殊なため、発達障害の経験のあるカウンセラーに相談するとよいでしょう。

AD/HDの方へ

大人(成人)のAD/HD(注意欠陥・多動性障害)

大人(成人)のAD/HD(注意欠陥・多動性障害)

AD/HDは子どもの病気だと誤解されがちですが、実は大人でもAD/HDで悩んでいる方がいらっしゃいます。なぜ誤解されがちかというと、恐らくAD/HDの症状のひとつである多動などの問題行動が、成長につれて改善することが多いためでしょう。
子どもの頃にAD/HDの症状が顕著に見られても、年齢を重ねるにつれて多動などの問題行動が目立たなくなったり、あまり症状が表面化しなくなる傾向があります。また、患者さん本人もどのような言動が好ましくないかを徐々に把握できるようになるため、まわりの人から見ると、一見病的な行動が改善されたように見えます。しかし、大人になってもAD/HDが完治しないケースが多くあります。特に、子どもの頃に適切に治療していなかった場合などはなおさら可能性が高いと言えます。

大人のAD/HDでは、主に「不注意」と「衝動性」が見られます。仕事上でもミスが目立ち、あまり考えずに発言してしまう、身の回りのものを整理整頓できずいつも散らかっているなど、職場や社会生活で何かと問題を生じることが多く孤立しがちです。大切な約束をたびたび忘れて「無責任」と思われたり、段取りの悪さや整理が苦手な部分は「だらしがない」というレッテルを貼られるなど、本人はやる気があっても社会的評価が低くなりがちなため、ストレスも多く、うつ病などを発症するケースが少なくありません。
もし、あなたが上記のようなどうしても改善できない生活習慣などで悩んでいるならば、大人のAD/HDを疑ってみるのもよいかも知れません。

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)の方へ

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)の方へ

AD/HDに罹っている方の中には、不注意や衝動的な行動が抑えられないことが原因で、子どもの頃から友人に受け入れてもらえなかったり、会社でもうまくいかない・・・等の悩みをずっと抱えたまま苦しんでいる方が大勢いると言われています。しかもこの病気は、健康診断等で判明するようなものではないため、性格上の問題だと思い込み、病院で診断を受けようと思う方があまりいないのが現状です。
もしも、あなたが子どもの頃から忘れ物が多かったり、注意力が散漫でじっとしていられず、衝動的な行動をとってしまうことで悩んでいるのならば、この機会に、AD/HDについて詳しく調べてみませんか? 当てはまる症状が多いならば、診断を受けてみるのもよいかも知れません。


(参照元:治験情報ネット【AD/HD(注意欠陥/多動性障害)】

ページのトップへ

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ