e治験.com

トップページ > 病気事典 > 心療内科・精神科 > 統合失調症

統合失調症

気になる病気の症状・原因・予防

統合失調症は、幻聴、幻覚、妄想のほか、感情の平板化、うつ状態など、さまざまな症状が見られます。はっきりとした原因は不明ですが、悩みやストレス、不安などに関連があると考えられています。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

統合失調症の症状

統合失調症とは

統合失調症とは

統合失調症とは、幻聴、幻覚、妄想、思考の飛躍、異常思考、社会的機能の低下(仕事や学業などができなくなる、能率が著しく落ちるなど)などの症状が見られる病気のことをいいます。特に幻聴や妄想では、被害者意識を感じるようなものが多く見られます。
統合失調症は、2002年(平成14年)までは「精神分裂病」という名称で呼ばれていました。
統合失調症の発症率は0.7~0.9パーセントともいわれており、100人のうち1人弱は統合失調症を発症するということになります。
統合失調症の発症に男女差はありませんが、平均発症時期は、男性が18歳、女性が25歳とされており、20歳前後に発症のピークがあるようです。
まれに子供でも見られることがあり、7歳から青年期の始まり頃に発症すると言われています。しかし、小児統合失調症の場合、妄想や幻覚について話したり、多少不可解な言動をしたりしていても、子供にはよくあることだと見逃されがちで、初期に発見することは難しいと言えます。

統合失調症の分類

統合失調症は、時期により大きく三段階に分類することができます。

統合失調症の分類

名称 急性期 消耗期 回復期
特徴 統合失調症の発症直後で興奮が激しい時期。
幻覚、幻聴、妄想、させられ体験(自分の行動は他者から操られている、という感覚のこと)などの症状が見られる。
急性期を経て体力が落ちている時期。
急性期に見られた症状は鎮まるが、元気が出ない、落ち込む、無気力、よく眠る、子どものようなふるまいをするなどの特徴が見られる。
消耗期を経て回復に向かう時期。
少しずつ社会性を取り戻していく。

統合失調症の症状

統合失調症の症状は、陽性症状と陰性症状に分けられます。これらは主に急性期に交互に現れることが多いようです。

陽性症状と陰性症状

名称 陽性症状 陰性症状
特徴
  • 幻覚
  • 幻聴
  • 妄想
  • 思考の飛躍
  • 異常思考
  • 集中力の低下
  • させられ体験
    (自分の行動は他者から操られている、という感覚のこと)
  • 感情の平板化
  • うつ状態
  • 社会性の低下

陽性症状と陰性症状

幻聴や妄想では、被害者意識を感じるようなものが多く見られます。例えば、「まわりの人が自分の悪口を言っているのではないか」「盗聴をされているのではないか」「自分の考えていることはまわりの人に筒抜けなのではないか」などです。
また思考の飛躍や異常思考の結果として、話すことが支離滅裂になることがあります。

陽性症状と陰性症状

その他にも、統合失調症による社会性の低下などからひきこもってしまう例もあります。

ページのトップへ

統合失調症の原因

統合失調症の原因

統合失調症の原因は、まだはっきりとはわかっていません。一説には、悩み、ストレス、不安、環境の変化、遺伝的要因、脳内の伝達物質などに関連があるのではないかとも言われています。
小児統合失調症の場合も大人の統合失調症と同様に、原因がはっきりとは分かっていませんが、環境や育て方、遺伝的要素など様々な報告があります。

ページのトップへ

統合失調症の検査と診断

統合失調症の診断

統合失調症の診断

統合失調症の診断は、問診を中心に行われます。その際には、本人からの申告をもとに診断が行われます。
診断には、米国精神医学会が発行する『精神障害の診断と統計の手引き』(DSM)が用いられます。その第4版修正版の、DSM-IV-TRによる統合失調症の診 断基準は次のとおりです。

DSM-IV-TRによる統合失調症の診断基準

A.特徴的症状(1ヶ月以上・以下のもののうち2つ以上)

  • 妄想
  • 幻覚
  • まとまりのない会話(頻繁な脱線や支離滅裂など)
  • ひどくまとまりのない行動や緊張病性の行動(興奮、拒絶、かんしゃく等)
  • 陰性症状、感情の平板化(=感情の鈍麻)、思考能力の低下、意欲の欠如

B.社会的または職業的機能の低下

C.期間:何らかの症状が6ヶ月以上持続

D.E.F.上記の症状が、他の疾患や薬物によるものではない

DSM-IV-TRによる統合失調症の診断基準

また診断の際には、本人からの申告の他にも、家族や友人などの近しい方からの情報が有益になることがあるため、診察の際に家族や友人などがつきそう場合もあります。

ページのトップへ

統合失調症の治療法

統合失調症の治療

 統合失調症の治療には、薬物療法、リハビリテーションなどがあります。

薬物療法

薬物療法は、統合失調症治療の基本となるものです。内服薬が中心ですが、注射薬を用いる場合もあります。統合失調症の治療に用いられる薬としては、以下のようなものがあります。

統合失調症の治療に用いられる薬
名称 抗精神病薬 抗不安薬 睡眠薬
特徴 幻覚・幻聴・妄想などを抑える
興奮を抑える
不安や緊張を緩和する 睡眠を補助する

統合失調症の治療に用いられる薬

一般的には、症状の状態に応じて、これらの薬を組み合わせて服用します。
薬の副作用と思われる症状(手のふるえ、舌のもつれ、口乾、便秘、排尿障害等)が現れた場合は、医師に相談しましょう。
また症状が改善されたからといって、自己の判断で通院や薬の服用を中止すると、症状の悪化を招く場合があるので注意が必要です。特に、急性期を経過して「もう病気は治ったんだ」と治療を中断してしまうケースがあるようです。
薬は必ず医師の指導のもとで服用し、用法・用量を正しく守りましょう。

リハビリテーション

リハビリテーション

回復期に入ると、リハビリテーションを行う場合があります。統合失調症のリハビリテーションには、作業療法、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング、社会生活技能訓練)などがあります。
これらは主に病院、診療所、保健所、精神保健福祉センターなどで行われます。

統合失調症のリハビリテーション
名称 作業療法 SST
(ソーシャル・スキル・トレーニング、社会生活技能訓練)
特徴 他の患者さんと一緒に、主に体を使ったレクリエーションなどの共同作業を行います。 認知行動療法の一種で、他の患者さんと一緒に社会生活のロールプレイングを行います。

※治療に当たっては、必ず専門医(精神科や心療内科など)にご相談ください。



【思春期(中高生)の子供の統合失調症の治験に関するご案内】
思春期(中高生)の子供の統合失調症の治験参加者募集

↑↑↑思春期(中高生)の子供の統合失調症に興味がある方はクリック↑↑↑

ページのトップへ

統合失調症の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ