e治験.com

トップページ > 病気事典 > 心療内科・精神科 > うつ病

うつ病

気になる病気の症状・原因・予防

うつ病は、治る病気です。
うつ病は何らかの原因で気分が落ち込み、心身に不調があらわれる病気です。うつ病は治る病気ですので、正しい知識を身につけ、適切な治療を受けましょう。s

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

うつ病の症状

うつ病は、治る病気です。

うつ病は何らかの原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが乏しくなって、その結果、身体のあちこちに不調があらわれる病気です。日本人の5人に1人が、一生のうちで一度はうつ病を経験するといわれている時代ですが、そのうち治療を受けている人はわずかであるといわれています。
うつ病は精神面、身体面にさまざまな症状があらわれます。一般的にはそれらを原因別に「身体因性うつ病」、「内因性うつ病」、「心因性うつ病」と分類されてきましたが、最近では症状の程度と持続期間による分類(重症のうつ病「大うつ病」と軽症のうつ病)が行なわれるようになってきました。
うつ病の知識が広まってきたとはいえ、軽いうつに悩む人たちは普通に見えるために「単なる甘えだ」と誤解されたり、本人が病気と気がつかず、適切な治療を受けないでいたりする場合も少なくないようです。
不治の病とは違い、うつ病は治る病気です。正しい知識を身につけ、適切な治療を受けましょう。


うつ病ではこんな症状があらわれやすい

うつ病を早期に発見し、治療を受けるためにはどんな症状があらわれるのか知っておく必要があります。しかし、誰もが経験する単なる「気分の落ち込み」とうつ病の症状は似ていますので、うつ病の症状といっしょにその見分け方の目安も覚えてください。

うつ病の症状

精神症状

  • 物事をやるのがおっくうで早くできない
  • 集中力が落ち、仕事を能率よくできない
  • 人に会いたくない、人と一緒にいたくない
  • 寝てもさめても同じこと(心配ごとや悲観的なこと)を考えている

身体症状

  • 眠れない、頭重感、頭痛、めまい
  • 食欲不振、胃部不快感、便秘、口が渇く
  • 肩こり、背中や腰などからだの痛み
  • 息苦しい、動悸がする
  • 手足のしびれ感、嫌な汗や寝汗が出る
  • 排尿困難、性欲低下、女性では月経不順など

※単なる「気分の落ち込み」とうつ病を見分ける目安は、以下の3点です。

  • 「気分の落ち込み」やそれによる不調が2週間以上続く。
  • 仕事や日常生活に支障がある。
  • 身体にいろいろな症状がでる(しかし、検査を受けても原因はわからない)。

現代のうつ病の特徴「軽症化」

以前は、うつ病になると外出できず、何もできなくなるという患者さんが大半でした。しかし、現在は、(つらいけれども)会社や家庭で何とか仕事をこなしているが、軽いうつ状態が2年も3年も続くといった新しいタイプの患者さんが増えてきています。

ページのトップへ

うつ病の原因

うつ病の原因

現在は、誰もが複数のストレスを持っていますので、誰もがうつ病と無関係とはいえません。しかし、その中でも特に下記の素因をもつ人がストレスにさらされたうえ、傷心、転勤、出産などで違う環境に置かれるとうつ病になりやすいといわれています。

  • まじめで仕事熱心
  • 完全主義で几帳面
  • 仕事や家事を人任せにできない
  • 融通がきかない(思考が柔軟性に乏しい)
  • 人にどう見られているか非常に気になる

ページのトップへ

うつ病の検査と診断

うつ病の診断

患者さんの症状にあわせて、最近のうつ病の診断には、「DSM-Ⅳ」というマニュアルが多く採用されています。これは、症状の程度と持続期間によって、重症のうつ病「大うつ病」、軽症のうつ病(気分変調障害)に分けて、診断方法が決められています。

大うつ病の診断

下記の9項目のうち5項目以上が、1週間以上にわたって続く場合に診断されます(ただし、5項目の中に1か2が含まれること)。

  • 抑うつ気分(ゆううつで不安、イライラした気分)がほとんど一日中続くような日が、そうでない日よりも多く、少なくとも1年間同じような状態が続いている。
  • 1.で述べた抑うつ状態に加え、下記の6項目の症状のうち少なくとも2項目以上が、1年も2年も続いている。
  • 特に食事療法をしていないのに体重が減少したり、増加したりする (例えば一ヶ月で体重の5%以上の変化が見られる)。 または、食欲がなくなったり、増進したりする。
  • 十分な睡眠がとれなかったり睡眠過多になったりするのがほとんど毎日続いている。
  • すごくあせってイライラしたり、まるで元気がなくなったりする状態が、ほとんど毎日続いている。
  • 理由もないのに疲れやすくなったり、気力が減退したりする状態がほとんど毎日続いている。
  • 自分は全く価値のない人間だと深く思ったり、自分はとても罪深い人間だと思い込んだりする状態がほとんど毎日続いている。
  • 思考力や集中力がなくなって、何かを判断したり決断したりする能力がなくなる状態がほとんど毎日続いている。
  • 死について繰り返して考えるようになった。特別な計画はないが自殺したいと繰り返し思ったり、どうやって死のうかと計画を立てたり考えたりする。

軽症うつ病の診断

次の2点に当てはまる場合に、軽症うつ病の可能性が高いと診断されます。

  • うつうつとした気分がほとんど毎日続いている。
  • 何をしても、興味をもって取り組めないし、喜びも感じられない。そんな気分がほとんど毎日続いている。
  • 食欲減退かまたは過食
  • 良く眠れない不眠か、寝すぎてしまう過眠
  • 気力の低下、または疲労
  • 自尊心の低下
  • 集中力の低下、または決断困難
  • 絶望感

ページのトップへ

うつ病の治療法

うつ病の治療

うつ病の治療には、1に休養、2に薬物療法、3に精神療法という組み合わせで行なわれます。多くの場合、仕事などのストレスの原因から遠ざかり、心身ともにゆっくりと休養することを指示したうえで、抗うつ薬の服用をすすめます。そして、薬の効果が確認されたら本格的に精神療法へと移行します。

休養

うつ病の患者は「周囲に迷惑をかけられない」という気持ちの強い人が多く、仕事などを休むことに難色を示しがちですが、思い切って休み心身の休養を取ったほうが、短期間で治療でき回復を早めます。

薬物療法

うつ病の薬、抗うつ薬は最近では効果が高く安心して服用できるものが使われています。薬の副作用が疑われる症状(口乾、便秘、排尿障害、尿閉)が現れたら、自分で中断せずすぐ医師に相談しましょう。また、症状がよくなったからといって勝手に服用を中止すると、症状の悪化を招く例もありますので自己判断は禁物です。

主な抗うつ薬
分 類 一般名 特 徴
第1世代の抗うつ薬 三環系抗うつ薬 イミプラミン 一般的に用いられている。気分を高揚させる効果がある。
クロミプラミン 即効性。気分を高揚させる効果がある。
トリミプラミン 不安軽減作用がある。
アミトリプチリン 不安軽減作用及び催眠作用がある。
ノルトリプチリン やる気も出るなど意欲面での改善がある。
第2世代の抗うつ薬 ロフェプラミン 気分を高揚させる効果があり、副作用が少ない
アモキサピン 即効性。やる気も出るなど意欲面での改善がある。
ドスレピン 「軽いうつ」に効果的
四環系抗うつ薬 マプロチリン 催眠効果がある。「軽いうつ」に効果的である。
ミアンセリン 不安軽減作用があり、副作用が少ない。
セチプチリン 「仮面うつ」及び長期化に効果的である。
第3世代の抗うつ薬 SSRI フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン 不安を和らげる効果が高く、また、副作用も少ない。
その他 トラゾドン 不安軽減作用がある。「軽いうつ」に効果がある。
スルピリド 「妄想を伴ううつ」に効果的である。
第4世代の抗うつ薬 SNRI ミルナシプラン 最も新しいタイプの抗うつ薬で、抗うつ作用が強く、副作用も少ない。

精神療法

医師と患者が繰り返し面接を行い、患者が抱える悩みや不安を取り除いていくのが精神療法です。しかし、治療を始めた初期の頃は面接をし、一緒に考えたりすることがかえって患者にとって負担になりかねません。十分に休養し、薬の効果がある程度現れてから始めます。
患者さんは医師やカウンセラーに相談することで考え方を少しずつ変え、柔軟性をもつようになることから、うつ病を治したり、再発を予防したりすることにつながります。

うつ病のポイント

うつ病を治療していく上での心構え

うつ病は、「心がカゼをひいたようなもの」とよく言われています。カゼの治療と同じく早めの処置が何より有効ですし、休養が重要という点も同じです。
心身ともに問題なく健康だという状態まで治しておかないと、すぐに再発する恐れがあるため、一見よくなったようにみえても、半年や1年は薬物療法と精神療法を続ける必要があります。 治療中、心得ておくべき点は以下の6つです。

  • 「うつ病は病気である」という認識をもつ
  • うつ病の治療には休養が必要である
  • 治療には半年から一年の期間が必要
  • どんなにつらくても自殺だけはしない
  • 大事な決定は先延ばしにする
  • 治療中の「一進一退」を理解する

まわりにうつ病の人がいたら・・・

家族や同僚など身近な人がうつ病になったら、まわりの人は次のようなことに注意してください。

  • 不用意に励まさない。
    患者は「期待に応えよう」として、疲労しきった心と体にムチをうち、かえって負担になってしまいます。
    頑張って!と励ますよりは、休養をすすめましょう。
  • 気晴らしに誘わない。
    人と一緒にいることがかえって苦痛に感じてしまうことがあります。
    気晴らしに食事や旅行などに誘うとかえって悪化してしまう場合があります。
  • 症状がひどいときは受診をすすめる。
    心の症状で受診することは今では、特別なことではないことを強調し医師の治療を受けることをすすめてください。
  • 本人の言動に注意する。
    自殺を考えるほど深刻な状況に陥っている場合、言動にそのサインが現れていることがあります。注意深く見守り、自殺願望が疑われたら早急に医師などに相談してください。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。



(参照元:治験情報ネット【うつ病】

ページのトップへ

うつ病の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ

PR