e治験.com

トップページ > 病気事典 > 消化器系 > 便秘

便秘

気になる病気の症状・原因・予防

便秘には、腹痛、腹部膨満、食欲不振などのおなかの症状や、シミや吹き出物などの肌の症状、イライラ、不眠などの精神的な症状があります。食物繊維が豊富な食事や適度な運動、下剤などで治療します。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

便秘の症状

便秘とは

便秘とは

便秘とは、排便が順調に行われない状態のことをいいます。「便が何日も出ない」「トイレに入っても便が硬くてなかなか出ない」「便通がなくイライラする」などが便秘の症状として挙げられます。一般的には、三日以上にわたって排便がない状態を便秘とすることが多いのですが、排便には個人差があるので、回数で定義することは難しいともいわれています。
身近で一般的な病気ですが、例えば腸閉塞などの別の重い病気によって引き起こされている可能性もあるので、注意が必要です。

便秘の症状

便秘には様々な症状があります。それぞれの部位ごとにみていきましょう。

便秘の症状

おなかの症状

便秘が続くと、腸内に便やガスがたまっておなかが張った状態になります。これを腹部膨満といいます。また、 便秘のため出口がふさがった状態であるにもかかわらず、腸管が腸内にたまった便やガスを肛門に送り出そうとするために痛みを生じ、これが腹痛のもととなります。さらに、腸内に便がたまっているため腸の働きが悪くなり、食欲が減少する食欲不振の症状もみられます。

肌の症状

腸内にたまった便は醗酵し、身体や皮膚に害のある毒素を発生します。その毒素が血液にのって皮膚にまわることで、吹き出物やシミなどの肌のトラブルを引き起こします。また、便秘は新陳代謝を低下させるため、血行が悪くなり肌のツヤやハリに悪い影響を与えます。

精神的な症状

便秘によって精神的な影響が出ることもあります。たとえば便通がなくイライラしたり、不眠になったりするなどです。
また、便秘が続くことで自律神経が乱れてしまう場合もあります。

その他の症状

その他にも、便秘が続くことで頭痛・肩こり・口臭・吐き気等の症状が現れる場合があります。これらの中には、便秘との直接的な因果関係がまだわかっていないものもあります。

ページのトップへ

便秘の原因

便秘の原因

便秘の原因はいろいろありますが、生活習慣の乱れ、食生活の乱れによるものが多いと言われています。
朝食を食べなかったり、毎日の食事の時間帯がばらばらだったり、食物繊維の少ない食事が多かったりすると、胃腸のリズムが崩れてしまい、その結果として便秘になることがあります。 また、精神的ストレスや運動不足も便秘の原因になるほか、大腸がんや腸重積などの病気によって引き起こされている場合もあります。

ページのトップへ

便秘の検査と診断

便秘の分類

便秘はその性質からいくつかの種類に分類することができます。それぞれの種類ごとに原因も対処法も異なるので、まずは自分がどの種類の便秘なのかを知ることが大切です。

便秘の分類

便秘は器質性便秘と機能性便秘にわけられます。

器質性便秘と機能性便秘

種類 内容 対処法
器質性便秘
  • 他の器質的な病気(大腸がん、大腸ポリープ、腸重積、子宮筋腫など)によって引き起こされる
  • 原因となっている病気の検査および治療を受ける
機能性便秘
  • 甲状腺機能低下症などの内分泌疾患や、糖尿病などの代謝性疾患が原因となる「症候性便秘」と、下記にて説明する「習慣性便秘」にわけられる
  • 「症候性便秘」は原因となっている病気の検査および治療を受ける
  • 「習慣性便秘」は下記参照

習慣性便秘は、さらに弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘にわけられます。

習慣性便秘の分類

種類 内容 対処法
弛緩(しかん)性便秘
  • 腹筋が少なく、腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなって便が押し出せなくなっている
  • 日本人でもっとも多いタイプ
  • 食事内容の改善
  • 適度な運動
痙攣(けいれん)性便秘
  • ストレス等により、腸が過敏になって蠕動運動が強まり、痙攣してくびれた部分に便やガスがたまる
  • 過敏性腸症候群(IBS)もこのパターンにあてはまる
  • ストレスの解消
  • 薬物療法(抗不安薬・抗うつ薬等)
直腸性便秘
  • 直腸が鈍感になっている
  • 下剤・浣腸等の乱用、便意の抑制が原因
  • 下剤・浣腸等の乱用をやめる
  • 腸の自然な働きを取り戻す

便秘の検査

便秘の検査には以下のようなものがあります。これらの検査は、便秘がどの種類のものにあてはまるのかを調べることに加え、便秘の裏に隠された病気を探すことも目的としています。正確な診断を受けることは治療を行う上でもたいへん重要です。

便秘の検査の種類

検査名 検査内容
問診 便秘の症状、生活習慣、食事、ストレスなどの詳細について質問する
便潜血検査 便中の血液の有無を調べる
血液検査 血液を採取して成分を検査する
腹部X線検査 X線(レントゲン)で腹部を撮影し検査する
大腸内視鏡検査 内視鏡を肛門から挿入し、腸を検査する
注腸造影検査 造影剤を腸に注入し、X線(レントゲン)で腸を撮影し検査する

ページのトップへ

便秘の治療法

便秘の治療

症候性便秘や器質性便秘のように別の病気が便秘の原因になっているのであれば、まずはそのもとになっている病気の治療が必要ですが、それ以外の場合、生活習慣の改善、食事療法、運動療法、薬物療法が主だった治療法になります。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れは便秘の最大の原因のひとつです。規則正しい生活を送り、十分な休養と睡眠と栄養をとり、ストレスをためないよう心がけましょう。

運動療法

適度な運動をすることで、血液の循環がよくなり、胃腸などの消化器官の働きを活発にすることができます。

食事療法

バランスのとれた健康的な食事を、三食しっかりととりましょう。 特に朝食を抜かずにきちんと食べる習慣をつけましょう。そうすることで、胃腸、ひいては体全体がよいリズムを取り戻します。
さらに、食物繊維を多く含んだ食品を積極的に摂取しましょう。食物繊維は、便のかさを増やしたり腸を刺激して便意を促進させたりする働きがあります。

食物繊維を多く含む食物:糸引き納豆、おから、インゲン豆、とうもろこし など

また、水分を意識的にとるよう心がけましょう。便秘の人は水分が不足していることが多く、水分の摂取不足が便秘の原因になっていることも少なくありません。健康な成人の便では組成物の約8割が水分ですが、便秘の人の便は水分の割合が低く、そのために便が硬くなって出にくくなっている場合があります。

食物繊維を多く含む食物

薬物療法

便秘における薬物療法では、主に下剤が用いられます。種類が多く、分類のしかたも様々ですが、ここでは作用の強さによる分類を紹介します。

下剤の種類と特徴
種類 効果 効果についてて
緩下剤(かんげざい) 弱い
  • 便を粥状にまで軟らかくする
  • 排便回数を増やす
峻下剤(しゅんげざい) 強い
  • 服用するとおなか(腸)がグルグル鳴る
  • 液状の便を排出する
  • 作用が強い

便秘の薬物療法の基本は「作用の弱いものを少量から」と言われており、一般的には緩下剤が使用されることが多いようです。 また、下剤の乱用は「便秘の分類」の項で触れたように、直腸性便秘を引き起こすという逆効果を生むこともあるので禁物です。
薬物療法を行なう際は、専門医の指示に従いましょう。

※治療に当たっては、必ず専門医(消化器内科など)にご相談ください。

ページのトップへ

便秘の治験情報



治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ