e治験.com

トップページ > 病気事典 > 消化器系 > 逆流性食道炎

逆流性食道炎

気になる病気の症状・原因・予防

逆流性食道炎は、胃液や胃の中身が食道に逆流する病気です。
主な症状は、胸に熱いものがこみあげる胸やけ、食物を飲み下すことが困難な嚥下障害、すっぱいものや苦いものが口まであがる呑酸などです。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃液や胃の内容物などが食道に逆流することにより、食道の粘膜に炎症が起こる病気です。
胃液には、胃酸という食物を消化するための強い酸が含まれています。食道の粘膜は、胃の粘膜とは異なり胃酸の消化力を防ぐ機能を持たないので、胃酸が食道に逆流すると粘膜の炎症が起きます。
逆流性食道炎は、60歳以上の高齢者に多く発症し、特に女性の高齢者に多いといわれています。かつては主に欧米でよく見られた病気でしたが、近年は日本でも増加の傾向にあります。日本での逆流性食道炎の増加の理由としては、食事スタイルの欧米化、社会全体の高齢化などがあるとされています。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状にはいくつかの種類がありますが、中でも胸やけ・嚥下障害・呑酸は、逆流性食道炎の三大症状といわれています。
胃はいわば人間に内臓した溶鉱炉のようなものです。
溶鉱炉の胃と食道の間には括約筋があり、括約筋が横隔膜と協力して蓋のような働きをしています。
健康な人の括約筋は普段はきっちりと閉まっています。また、この括約筋と横隔膜の圧迫で構成された蓋は結構優秀な蓋で、 嚥下時には開き、食べ物を通過させ、胃の内圧が上がりすぎると開いてげっぷを出してガス抜きをします。
逆流性食道炎の症状のひとつであるせきが、呼吸器疾患である喘息と関係があるともいわれています。
胃から食道へ胃酸が逆流する際に、気管 支内に胃酸が吸入されてしまい、吸入された胃酸が気管支に刺激を与えて喘息の症状を悪化させるというものです (喘息について詳しく知りたい方はこちらへ)。
逆流性食道炎の症状とその特徴について、以下の表で見てみましょう。

逆流性食道炎の症状とその特徴

症状 特徴
胸やけ
  • 胸に熱いものがこみあげてくるような感じがする
  • 主に食後に起こる
  • 逆流性食道炎の三大症状のひとつ
嚥下障害(えんげしょうがい)
  • のどがつまり、食物を飲み下すことが困難になる
  • 逆流性食道炎の三大症状のひとつ
呑酸
(どんさん)
  • すっぱいものや苦いものが口まであがってくる
  • 逆流性食道炎の三大症状のひとつ
せき
  • 激しくせきこんでしまう
  • 喘息と関係があるともいわれている
胸痛
  • 胸部にしめつけられるような痛みを感じる

ページのトップへ

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすことにより起きますが、胃酸が逆流する原因は様々です。
最初にあげられる原因は、胃酸の過剰分泌です。欧米化した食生活、すなわち肉や油っこいものなど脂肪分が多い食品を日常的に摂取するような食生活を送っていると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加し、また胃酸の逆流が起きやすくなります。それと同様に、食物の過剰摂取も胃の活動を活発にし、 胃酸の過剰分泌を招きます。
次の原因としては、下部食道括約筋の機能の低下があげられます。下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋 肉です。この下部食道括約筋が、老化や胃の手術などによりその機能が低下してしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎の患者に高齢者が多い のはこのためです。
逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすことにより起きますが、胃酸が逆流する原因は様々です。
最初にあげられる原因は、胃酸の過剰分泌です。欧米化した食生活、すなわち肉や油っこいものなど脂肪分が多い食品を日常的に摂取するような食生活を送っていると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加し、また胃酸の逆流が起きやすくなります。それと同様に、食物の過剰摂取も胃の活動を活発にし、 胃酸の過剰分泌を招きます。
次の原因としては、下部食道括約筋の機能の低下があげられます。下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋 肉です。この下部食道括約筋が、老化や胃の手術などによりその機能が低下してしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎の患者に高齢者が多い のはこのためです。
さらに、腹圧の上昇も逆流性食道炎の原因として考えられます。具体的には、肥満やベルトなどによる腹部の締め付けや、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。
さらに、腹圧の上昇も逆流性食道炎の原因として考えられます。具体的には、肥満やベルトなどによる腹部の締め付けや、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。

ページのトップへ

逆流性食道炎の検査と診断

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎の検査は、内視鏡検査が中心となります。
内視鏡とは、細長い管の先端にビデオカメラなどがついた医療機器で、一般的には胃カメラと呼ばれているものです。この内視鏡を主に口から挿入し、食道内の状態を検査します。
逆流性食道炎は症状が特徴的なので、医師が患者の症状を見るだけで診断ができる場合もありますが、診断を確定するために、また他の病気ときちんと区別するためにも内視鏡検査を行います。
その他の検査としては、pHモニタリングや問診などがあります。
逆流性食道炎の検査について以下の表で見てみましょう。

逆流性食道炎の検査とその内容

検査名 検査内容
内視鏡検査
  • 主に口から内視鏡を挿入し、食道内の状態を調べる
  • 胃酸の逆流による食道粘膜のダメージ(びらん・ただれ等)の程度を確認する
  • 逆流性食道炎の検査の中心
pHモニタリング
  • 食道内にカテーテルを挿入し、食道内のpH(酸度)を測定する
  • 食道への胃液の逆流を調べる
問診
  • 逆流性食道炎の自覚症状、生活習慣、既往症(過去にかかった病気)、現在服用している薬などについて医師から質問される

ページのトップへ

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療としては、薬物療法、手術療法、生活習慣の改善などがあります。
薬物療法では、飲み薬が使用されます。手術療法は、現在のところあまり一般的ではありません。また生活習慣の改善としては、食生活の見直しや腹圧の上昇を抑えることなどがあります。
中でも薬物療法は、逆流性食道炎の治療の中心となります。

食事療法

症状をやわらげる対症療法が中心です。主に飲み薬が使用されます。

逆流性食道炎の薬物療法に用いられる薬
薬の名称 効果・特徴
胃酸分泌抑制剤
  • 胃酸の分泌量を減少させる
  • プロトンポンプ阻害薬(PPI)とH2受容体拮抗薬(H2RA)とがある
消化管運動機能改善剤
  • 食道の運動機能を改善し、胃酸の逆流を生じにくくする
  • 消化管の運動を活発にし、食物が胃に長時間留まらないようにする
制酸剤
  • 胃酸を中和して症状を軽減する
  • 速効性はあるが作用時間が短い
粘膜保護剤
  • 食道の粘膜を保護する
  • 炎症を起こした粘膜を修復する

参考:『胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン』より

一般的には、症状の状態に応じて、これらの飲み薬を組み合わせて服用します。
飲み薬はかならず医師の指導のもとで服用し、用法・用量を正しく守りましょう。

手術療法

薬物療法で効果がない場合や、重症の場合などに外科的手術を行うことがありますが、あまり一般的ではありません。逆流性食道炎の外科的手術には、腹腔鏡手術や内視鏡手術などがあります。

生活習慣の改善

逆流性食道炎の治療と予防のためには、生活習慣を改善することも大切です。
まず、食生活の見直しがあげられます。欧米化した食生活や食物の過剰摂取は胃の活動を活発にし、胃酸の分泌を促進するので、胃への刺激が少ないものを腹八分目程度に摂取することを心がけましょう。
また、腹圧の上昇を抑えることもあげられます。腹圧の上昇は、胃を圧迫し胃酸の逆流の原因になるからです。具体的には、ベルトでお腹をきつく締めすぎない、無理をして重いものを持たない、肥満に気をつけるなどです。


※治療に当たっては、必ず専門医(内科、胃腸科、消化器科など)にご相談ください。

ページのトップへ

逆流性食道炎の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ