e治験.com

トップページ > 病気事典 > 消化器系 > 過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)

気になる病気の症状・原因・予防

過敏性腸症候群(IBS)とは、大腸がんや潰瘍性大腸炎などが存在せず、下痢や便秘が現れる病気です。強い緊張やストレスなどが原因とされており、食事療法、薬物療法、心理療法などで治療します。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

過敏性腸症候群(IBS)の症状

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS = Irritable Bowel Syndrome)とは、腸に器質的(=身体的)な病気(大腸がんや潰瘍性大腸炎など)は存在しないのに、機能的な症状が存在する病気のことを言います。 腹部の一般的な検査を受けてみても「特に異常はない」と言われるのに、 「仕事中や会議中に急にお腹が痛くなる」「通勤・通学時に電車の中で腹部に不快感を覚え、途中下車をしてしまう」「便秘や下痢などの便通異常が慢性化している」などといった症状がある場合、過敏性腸症候群である可能性があります。
過敏性腸症候群(IBS)は日本人では多くみられる病気で、約10%の方が過敏性腸症候群(IBS)の症状を持っているとも言われています。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

過敏性腸症候群(IBS)は、その症状から大きく分けて3つのパターンに分類できます。

過敏性腸症候群(IBS)の3つの症状パターン

症状のパターン 特徴
下痢型
  • 腹痛や腹部不快感をともなう慢性的な下痢
  • 一日に何度もトイレに駆け込む
便秘型
  • 腹痛や腹部不快感をともなう慢性的な便秘
  • 一般的に女性に多く見られる
下痢・便秘
交替型
  • 下痢型と便秘型の症状を繰り返す

過敏性腸症候群(IBS)の3つの症状パターン

その他の症状としては、ガス症状、腹部の膨満感、お腹がゴロゴロ鳴る(腹鳴)などがあります。

ページのトップへ

過敏性腸症候群(IBS)の原因

過敏性腸症候群(IBS)の症状が出やすい状況

過敏性腸症候群(IBS)の症状が出やすい状況

過敏性腸症候群(IBS)の症状には、出やすい状況というものがあります。
一般的には、強い緊張やストレスを感じる場面で症状が出やすいと言われています。例えば仕事中や会議中、授業中やテスト中、面接中、また出社中や登校中などです。
それを裏付ける事例として、仕事や学校が休みの日や、通勤・通学中でも帰社・下校時には症状が出にくいということがあります。

過敏性腸症候群(IBS)の原因

過敏性腸症候群(IBS)の原因

過敏性腸症候群(IBS)の原因としては、不規則な生活、精神的な緊張や不安、ストレスなどが挙げられます。 中でもストレスは過敏性腸症候群(IBS)の最大の原因であるとされています。
緊張や不安、ストレス等が自律神経を介して腸に伝達され、その結果、腸が過敏になり腹部症状を引き起こすと言われています。

ページのトップへ

過敏性腸症候群(IBS)の検査と診断

過敏性腸症候群(IBS)の検査・診断

過敏性腸症候群(IBS)の検査でもっとも重要なのは問診です。 問診では、自覚症状、症状のパターン、排便回数と便の状態、いつから症状があるか、どのような状況下で症状が出るか、既往症(これまでにかかった病気)、 生活習慣、食生活、生活上のストレスについてなどの質問を受けます。
その他に、大腸がんや潰瘍性大腸炎などの器質的(=身体的)な病気がないことを確認するための一般的な検査も行われます。

過敏性腸症候群(IBS)の検査

検査名 検査内容
問診 自覚症状、生活習慣、食事、ストレスなどについての質問をする
便潜血検査 便中の血液の有無を調べる
血液検査 血液を採取し、その成分を調べる
腹部X線撮影 X線(レントゲン)で腹部を撮影し観察する
大腸内視鏡検査 内視鏡を肛門から挿入し、腸を観察する

ページのトップへ

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

過敏性腸症候群(IBS)の治療には、生活習慣の改善、食事療法、薬物療法、心理療法などがあります。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れは過敏性腸症候群(IBS)の原因のひとつです。生活習慣を改善し、QOL(=Quality Of Life)を高めましょう。

生活習慣の改善例
  • 規則正しい生活を送る
  • 十分な睡眠と休養をとる
  • バランスのよい食事を三食きちんと食べる
  • 適度な運動を行なう
  • 趣味などで気分転換をする
  • リラックスできる時間や空間を作る

もちろん、趣味やリラックスするための方法は人それぞれです。音楽や読書、スポーツなど、自分にあった気分転換の方法を見つけましょう。

食事療法

過敏性腸症候群(IBS)の食事療法は、バランスのとれた食事を一日三回規則的にとることが基本です。
その上で、前述した3つのパターン(下痢型、便秘型、下痢・便秘交替型)に応じて適切な対処法をとるようにしましょう。

症状パターン別の食事療法
症状のパターン 対処法
下痢型
  • 冷たい飲み物、香辛料、油分の多い食品、発酵食品など、腸粘膜を刺激し下痢を悪化させる食品を避ける
  • 消化に悪い食品を避ける
便秘型
  • アルコール、香辛料、炭酸飲料、脂肪分の多い食品など、刺激物を避ける
  • 食物繊維をとる
  • ビタミンB、ビタミンCをとる
下痢・便秘交替型
  • その時の腸の症状に合わせて食べるものを選ぶ

薬物療法

過敏性腸症候群(IBS)の薬物療法には、様々な種類の薬があります。 いずれの薬も、専門医の指示に従って服用しましょう。

過敏性腸症候群(IBS)に用いる薬
分類 特徴
消化管機能調節薬
  • 消化管の運動を調節して、過敏状態をやわらげる
便性状改善薬
(ポリカルボフィルカルシウム)
  • 高分子重合体を医薬品に改良したもの
  • 便の性状を変化させ、便通を整える
  • 下痢・便秘の両方に効果がある
  • 下痢の場合は便の水分を吸収し、便を固める
  • 便秘の場合は吸収した水分を保持し、便が固くなるのを防ぐ
対症療法薬
  • 症状を一時的にやわらげる
  • 下痢の場合には整腸剤
  • 便秘の場合には下剤
抗不安薬
  • 不安や緊張をやわらげる
抗うつ薬
  • 気分の落ち込みや抑うつ状態を防ぐ

薬物療法

過敏性腸症候群(IBS)は、その主な原因がストレスであることからも分かるように、心理的な問題と深く関係しています。
担当の医師に症状の相談をしたり、またはカウンセリングを受けることで、過敏性腸症候群(IBS)の原因となっているストレスが判明したり、またストレスへの対処法が見つかることもあります。
相談やカウンセリングを通じて、担当の医師との間に良好な信頼関係が構築できれば、内科的な側面と心理的な側面の両面から治療を進めることができます。


※治療に当たっては、必ず専門医(消化器内科など)にご相談ください。

ページのトップへ

過敏性腸症候群(IBS)の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ