e治験.com

トップページ > 病気事典 > 消化器系 > 肝臓病(肝硬変)

肝臓病(肝硬変)

気になる病気の症状・原因・予防

肝硬変は一度発症すると戻せない
肝硬変は肝臓の細胞が破壊され続けることで起こります。細胞が破壊された肝臓は見た目もゴツゴツとしたこぶだらけの状態になり、本来の働きが果たせなくなります。

  • 症状
  • 原因
  • 検査
  • 治療
  • 予防
  • 治験情報

肝臓病(肝硬変)の症状

肝硬変とは

肝硬変とは

肝炎やアルコールが原因で肝臓の細胞が破壊されつづけると、再生能力の高い肝臓といえども限界が訪れます。肝臓の中に線維が増えて固くなり、見た目にもゴツゴツとしたこぶだらけの臓器になります。この状態を肝硬変といいます。 肝硬変になると、肝臓内部の血液循環に異常が生じ、肝臓の働きが果たせなくなります。

肝硬変の症状

肝硬変の症状

肝硬変といっても、全ての人に症状があるわけではありません。初期の頃にはほとんど症状はありません。それは、肝臓には「代償能」という機能があり、肝臓の一部に障害が起こっても、残りの部分がそれをカバーして働くためです。しかし、その機能にも限界があり肝硬変の病状の進行とともに様々な症状がでてきます。
症状のない状態を代償期肝硬変、症状のでてきた状態を非代償期肝硬変といいます。 非代償期になると、全身倦怠感や疲れやすい、食欲がないなどの症状がでてきます。そして、肝機能も落ち、黄疸や腹水などの様々な他覚症状が現れますが、これが非代償期に入ったサインです。

非代償期にあらわれる他覚症状

他覚症状 特徴
黄疸

黄疸

ビリルビンと呼ばれる色素が血液中に異常に増加することで、皮膚や白目が黄色くなってくる症状のことです。みかんをたくさん食べると手のひらや足の裏が黄色くなることがありますがこれは「柑皮症」といって白目は黄色くなりません。尿がビールより濃い色になったら白目をみる、これが黄疸を見分けるコツです。
クモ状血管腫 胸や肩、二の腕などに、クモが足を伸ばしたような形の赤い斑紋が現れる症状のことです。これは細い血管が拡張したもので、一見すると盛り上がっているように見えますが、血管腫自体は盛り上がってはいません。
手掌紅斑 指や指の付け根などが赤くなる症状です。しかし、健康な人でも赤くなることがあるので、病的なものかどうかを見分けるのは難しいでしょう。
女性化乳房 男性にだけ現れる症状です。女性ホルモンの代謝異常が原因です。乳房だけでなく、乳首も大きくなるため、下着とこすれて痛みを訴えることもあります。
出血傾向 血液を固まらせる働きのある血小板の数が低下するため、1度出血すると止まりにくくなる傾向にあります。血小板の減少は肝硬変の程度を知るための大事な所見です。健康な人は1㎜3の血液中に20万以上の血小板がありますが、10万以下になったら肝硬変を疑います。
腹部静脈の怒張 門脈圧亢進のため、おへその周辺の静脈が拡張し、お腹の表面にミミズがのたうつように浮き上がります。

ページのトップへ

肝臓病(肝硬変)の原因

肝硬変の原因

肝硬変の成因別頻度

お酒を飲みすぎると肝硬変になるといわれています。しかし、日本ではアルコールだけが原因で肝硬変になる人は意外と少なく、全体の10%ぐらいだといわれています。日本で、肝硬変の原因として圧倒的に多いのはC型肝炎で全体の約65%を占めています。

ページのトップへ

肝臓病(肝硬変)の検査と診断

肝硬変の診断

肝硬変は、血液検査や画像診断によって診断することもできますが、確定診断は腹部に小さな穴をあけて金属管を挿入し、肝臓を直接観察する腹腔鏡検査による肝組織検査によって行われます。

項目 内容
問  診 自覚症状、飲酒の有無、輸血などのウイルス性肝炎に感染する機会がなかったかどうかの確認を行います。
身体所見 黄疸やクモ状血管腫、腹水の有無をチェックします。腹部触診で肝臓がゴツゴツしていれば肝硬変と診断できます。
血液検査 慢性肝炎と肝硬変の鑑別については、GOT、GPTのどちらが高いかによって推測できます。肝硬変ではGOTがGPTより高くなるのが一般的で、その差が大きいほど肝硬変は進行しています。
画像診断 超音波、CT、MRIなどが使われます。肝硬変では肝臓表面の凹凸でゴツゴツした感じや、わずかな腹水も発見できます。
腹腔鏡検査 確実なものは、腹腔鏡をお腹の中に入れて、肝臓の表面を直接見ることです。また、病理学的な診断には肝生検で組織をとって調べることが必要です。

ページのトップへ

肝臓病(肝硬変)の治療法

肝硬変の治療法

肝硬変は1度発症すると元に戻すことはできません。そこで、治療は患者さんのQOL(生活の質)を維持していきながら、肝硬変の進行を食止めることを目的として行われます。体の機能に支障がない代償期の治療は、「規則正しい生活、バランスのとれた食事」が基本となります。定期的に検査を受ける以外は特別な治療は行われないのが一般的です。
非代償期では、出てきた合併症の症状を一つひとつ除去し、代償期に戻ることが最大の目標となります。非代償期とは肝硬変の治療というより、合併症の治療ということになります。代表的な合併症には腹水、食道静脈瘤、肝性脳症があります。

腹水 水分と塩分を制限し、肝臓への負担を軽減するためにある程度は安静も必要となります。さらに効果を見ながら利尿剤を用いることもあります。これでも改善し ない場合は、アルブミンを注射で補います。ただし、薬剤は弱っている肝臓には負担になるので、なるべく使わず、使っても少量ずつが原則です。
食道静脈瘤 肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作ります。これが静脈瘤ですが、これは痛みや異物感等の自覚症状がありません。そのため、定 期的な検査をうけ、破裂を防止しなければなりません。静脈瘤が赤みを帯びてきたら、破裂の危険信号ですので、予防のための治療が必要になります。患部に硬 化剤を注入して静脈瘤を固めてしまう方法や、静脈瘤を輪ゴムでしばり血流をとめてしまう静脈瘤結紮(けっさつ)術などがあります。
肝性脳症

肝臓の機能が低下するため、解毒されなかったアンモニアが脳に達して精神症状を起こすのが肝性脳症といわれている症状です。この治療はまず、食事で摂るたんぱく質を1日40gに制限します。そして、薬物療法に使われるのは、ラクツロースという一種の緩下剤です。これは、腸内の有害な細菌をおさえて、排便を促し腸内を浄化する薬です。また、アンモニアの産生を促す細菌を殺すための抗生物質、あるいはアミノ酸バランスを調整する特殊アミノ酸製剤なども使われます。

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

ページのトップへ

肝臓病(肝硬変)の治験情報

  • 関連する治験情報はありません


治験に参加するメリット

治験は本人の自由意志で参加することが出来ます。

強制ではありません。治験を途中で中止することも可能です。


  • 一般の診察より詳しい検査や診察が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます
  • 治療方法の選択肢が増え、効果の期待できる薬や最新の医療をいち早く受けることができます
  • 治験薬や検査にかかる費用の全額(または一部)を製薬会社が負担してくれます
  • 治験薬を服用している間の薬剤費が軽減される場合があります
  • 交通費などの経済的負担を軽減するため、治験期間中は一定の協力費(負担軽減費)が支給されます
  •   (負担軽減費の例:2泊3日×2回⇒8万円)


被験者さんの診察待ち時間を短くするために、治験専門の外来診察が設置される場合があります。

治験に参加することは、病気で苦しんでいる患者さんに役立つことになり、医療の発展という社会貢献につながります。

   

ページのトップへ

治験とは?

治験とは?

製薬メーカーが開発した薬剤を医薬品(お薬)として世に出す為には、事前に厚生労働省の承認・認可を得ることが法律で義務化されています。
この承認を得るために行う「治療を兼ねた試験」を「治験(ちけん)」と言います。
治験は、前臨床試験で有効性や安全性を十分に確認した後に、健康な人や対象疾患の患者様に対して実施されます。
私たちが普段使う薬は全て、多くの一般の方々が治験ボランティアとして治験に参加した結果、承認されたものです。
同じ悩みを持つ多くの患者様のためにも「治験」へのご協力をお願いいたします。

治験ボランティアとは?

治験に自発的に参加・協力していただける方を「治験ボランティア」と呼んでいます。
治験参加中は、交通費や検査等の負担を軽減する目的で、負担軽減費が支払われます。

治験の流れ

  • 第1相試験

    健康な成人

    安全性や吸収・排泄等の確認

  • 第2相試験

    少数の患者

    用法・用量の確認

  • 第3相試験

    多数の患者

    既存薬やプラセボ等との比較

  • 製造販売後臨床試験

    より多数の患者

    治験を経て承認された薬が市販された後、より多くの患者様の治療で使われたときの効果や安全性を確認

ページのトップへ